メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

三和・田人地区における廃校施設及び旧いわき市国民宿舎勿来の関荘の利活用に関する事業者再公募の審査結果について

問い合わせ番号:15496-1699-7056 更新日:2019年2月21日

1 現状

  用途廃止となった施設の利活用については、これまで、平成29年度に三和・田人地区の廃校
 10施設、本年度に旧いわき市国民宿舎勿来の関荘の利活用に係る事業者の公募を実施し、利活
 用事業者が決定した廃校4施設について、現在、事業者による利活用を進めております。
  
今般、利活用事業者が決定しなかった廃校6施設及び旧いわき市国民宿舎勿来の関荘につい
 て、平成30年10月29日から平成31年1月28日にかけて再公募を実施し、「普通財産利活用事
   業者審査委員会」の審査結果を踏まえ、優先交渉権者を決定したものです。
 

2 公募の対象施設及び応募状況

  対象施設 応募状況
旧永井小学校 1事業者
旧三阪小・中学校 応募なし
旧差塩小・中学校 応募なし
旧田人第一小学校荷路夫分校 応募なし
旧差塩小・中学校 応募なし
旧石住小・中学校 応募なし
旧いわき市国民宿舎勿来の関荘 1事業者

3 審査方法

  審査委員会において、公募実施要領に基づき事業者から提出された企画提案書等の内容に関
 するプレゼンテーションを実施するとともに、事業者に対する委員からのヒアリングにより、
 提案内容の審査を実施しました。
  
査に当たっては、公募実施要領に提示した審査項目(内容評価、確実性評価、契約評価等)
 
により、評価及び採点を実施し、優先交渉権者を選定しました。
  
「財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例」により、地域の振興に資することを目的と
 した事業の用に供するため、施設を活用して事業を実施する場合には、減額譲渡又は減額貸付
 することができることとされていることから、事業者からの提案内容が地域振興に資すること
 を目的としているかどうかについても、併せて審査しました。

4 決定した優先交渉権者 
 ⑴ 旧永井小学校

  ・ 事業者名   特定非営利活動法人MOCCS
  ・ 
企画提案内容 地元野菜等の直売所やシニアカフェ、オートキャンプ場等の設置、移動
             販売の実施、地域交流会、伝統工芸品・木工等の体験教室、ドローン空
             撮体験の開催、映画等の撮影などへの施設貸出等  
             ※
 地域振興に資することを目的とした事業と認定 

 ⑵ 旧いわき市国民宿舎勿来の関荘

  ・ 事業者名   特定非営利活動法人勿来まちづくりサポートセンター
  ・ 企画提案内容 地元農水産物等の直売所設置、カフェ・レストランの設置、学生や外国
             人等を主な対象とした宿泊施設、市民文化教室等へのホール貸出、薪能、
             歴史コスプレ大会、現代アート・全国の地域芸能・古典芸術等の展示や
           発表会の開催、災害対応非常用備品倉庫設置、大規模災害時の緊急避難
           施設等 
           ※ 地域振興に資することを目的とした事業と認定           

5 今後の予定 

  今後、優先交渉権者と地区との協議を行い、協議が整った後、約を締結し、利活用に向け
 た改修等の準
備期間を経て、施設の利活用が開始されることとなります。

 

6 公募の内容

  公募内容の詳細については以下のとおりです。

お問い合わせ

財政部 施設マネジメント課
電話番号:0246-22-7408
ファクス番号:0246-22-7580