メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

全ての飲食店に消火器の設置が必要となります!

問い合わせ番号:15475-4218-0834 更新日:2019年7月31日

概要 

平成28年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、これまで消防法令で義務がなかった、一定面積以下の飲食店にも、原則、令和元年10月1日から消火器の設置義務付けられます。

 チラシおもて(いわき市消防本部)(568KB)(PDF文書)

 チラシうら    (いわき市消防本部)(418KB)(PDF文書)

 

新たに消火器の設置が必要となる飲食店

これまで消防法令で義務がなかった、建物の構造等に応じた一定面積以下の飲食店のうち、火を使用する設備又は器具を設けている飲食店は、消火器の設置及び維持管理が義務付けられます。

※火を使用する設備又は器具に防火上有効な措置が講じられている場合は、消火器の設置義務は発生しません。

火を使用する設備又は器具とは 

調理を目的としたコンロ等のことをいいます。

 【該当例】ガスコンロ、ガスグリル、かまど等

防火上有効な措置とは

つぎの3つの装置のいずれかを設けることをいいます。

調理油過熱防止装置

 鍋等の異常な温度上昇を感知し、ガスを止め、火を消す装置をいいます。

自動消火装置

 火災を感知して、自動的に薬剤を放出し、消火する装置をいいます。

その他の安全機能を有する装置

 カセットコンロにおいて、カセットボンベの異常な圧力上昇を感知して、ガスを止め、火を消す装置等をいいます。

 ※吹きこぼれ等による、立ち消え防止安全装置は該当しません。

 

消火器を設置するにあたっての注意点

消火器を設置する際は、標識も設置してください。  

消火器を設置した後は、半年ごとに点検を行い、1年に1回管轄の消防署等へ点検結果報告書を提出してください。

点検については、インターネット上で公開している「点検報告支援パンフレット」や「消火器点検アプリ」をご活用ください。

 

 外部リンク

点検報告支援パンフレット(外部リンク)

消火器点検アプリ(外部リンク)

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944