メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成30年12月18日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15450-9146-8665 更新日:2018年12月18日

市長記者会見

発表内容

sityou 

日時

平成30年12月18日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. いわき市自転車道路網「海岸線ルート」(市道勿来・久之浜線)の愛称決定について
  2. サンシャインいわき梨ベトナム向け輸出に伴うトップセールスについて
  3. 平成30年産米のいわき産コシヒカリ「Premium Iwaki Laiki」ギフトセットに  
    ついて

市長コメント

 会見に先立ちましてお知らせがございます。
 皆様ご承知のとおり、これからの地域医療のシンボルとなる待望の「いわき市医療センター」がいよいよ来週25日に開院を迎えます。
 今後も引き続き医師の招聘等に積極的に取り組むとともに、本センターを中心として安全・安心な医療を提供し、市民の皆様の期待に応えられる地域医療の充実を図ってまいります。
 なお、外来診療開始となる26日には開院セレモニーを開催します。
 セレモニーの内容については、お手元の資料のとおりとなっております。

 さて、本日の案件は

  • いわき市自転車道路網「海岸線ルート」(市道勿来・久之浜線)の愛称決定について
  • サンシャインいわき梨ベトナム向け輸出に伴うトップセールスについて
  • 平成30年産米のいわき産コシヒカリ「Premium(プレミアム) Iwaki(いわき) Laiki(ライキ)」ギフトセットについて 

の3件であります。

 はじめに、「いわき市自転車道路網『海岸線ルート』(市道勿来・久之浜線)の愛称決定について」であります。
 いわき市自転車道路網「海岸線ルート」は、本市特有のすぐれた景観を有する海岸線に沿って、国道、県道、市道などの既存道路や復旧・復興事業により整備された防潮堤の管理通路、防災緑地の園路などを自転車走行空間として活用することで、健康増進やレクリエーション活動の場等を提供するとともに、新たな観光資源として多くの方々に利用されることにより、復興のシンボルとなるよう整備しているものであり、勿来の関公園から二級河川大久川の河口付近に位置する久之浜防災緑地までの総延長約53kmのサイクリングルートです。
 本ルートにつきましては、正式な市道名「勿来・久之浜線」とは別に、市内外の皆様に広く認識いただき、本市の魅力向上や自転車活用の推進につなげ、親しみやすいルートとなるよう、愛称の募集を行ったところであり、選考の結果「いわき七浜海道」と決定しましたことからお知らせ申し上げるものです。
 決定した愛称につきましては、今後整備する「海岸線ルート」の案内看板等への表示のほか、本ルートの利用促進に係る広報活動等に活用する予定となっております。

 次に「サンシャインいわき梨ベトナム向け輸出に伴うトップセールスについて」であります。
 ベトナム向け日本梨の輸出については、平成29年1月16日付けで解禁となったことから、昨年度はホーチミン市内のイオン3店舗で販売したところであり、本年度は輸出品種を追加するとともに、輸出量を4.5トンから8.4トンへ増加するなど取り組みを強化しており、サンシャインいわき梨の品質の高さ、おいしさ、安全性を広く発信しているところであります。
 つきましては、ベトナムの旧正月「テト」を間近に控えた商戦の時期に併せて私が同国を訪問し、来月19・20日の日程でトップセールスによる販売促進のプロモーション活動を実施することとなりましたので、お知らせ申し上げるものです。

 最後に「平成30年産米のいわき産コシヒカリ『Premium(プレミアム) Iwaki(いわき) Laiki(ライキ)』ギフトセットについて」であります。
 「Premium Iwaki Laiki」はいわき産コシヒカリのブランド米「Iwaki Laiki」のプレミアム版として、平成28年度から販売を開始し、平成29年度からはギフトセットとしても販売しており、
好評をいただいているところであります。
 今年もとれたての新米を昨日17日から順次、販売を開始しましたことからお知らせ申し上げるものです。
 「つや」「粘り」「甘み」どれをとっても最高な「Premium Iwaki Laiki」ですので、ぜひ多くの方に極上の味をお楽しみいただきたいと思っております。

 案件は以上となりますが、今や年の瀬の恒例となっている今年一年を表す漢字でありますが、様々な立場の方が、それぞれの思いで発表しております。
 私からも、今年1年を表現するにふさわしい漢字一文字を披露したいと思います。
 平成30年の一文字は、「迎」(むかえる)という字であります。
 今年は、5月に「第8回太平洋・島サミット」が前回に引き続き本市で開催され、各国の首脳をはじめ、本市を訪れた皆様を精一杯のおもてなしの心でお迎えするとともに、6月には、「全国植樹祭」のご臨席にあわせて19年ぶりに来訪された天皇、皇后両陛下をお出迎えし、また、11月には「第10回世界水族館会議」の開会式にご臨席された秋篠宮殿下をお迎えするなど、国内外から多くの方を「お迎え」する機会に恵まれた一年となり、この機会に、復興が着実に進む本市の姿と魅力を発信することができました。
 また、震災復興土地区画整理事業の完了をはじめ、小名浜港周辺等の復興まちびらきなど復興の基盤整備も最終局面を「迎える」ことができましたことから、「迎」(むかえる)を今年の漢字とさせていただきました。
 来年もまた、ラグビー国際大会に出場するサモア独立国の事前キャンプなど、国内外から多くの方が本市を訪れる機会となりますことから、大会の機運醸成を図ることはもちろん、本市の復興の姿を全国・全世界に広く発信して参りたいと考えております。
 来年は復興の総仕上げと、その先を見据えた地域創生を着実に推進していく年であります。
 今後におきましても、市民の皆様が住みやすい・住み続けたいと思えるように「明るく元気ないわき市」を目指して全力で取り組んで参ります。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469