メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成30年11月20日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15426-1886-9106 更新日:2018年11月20日

市長記者会見

発表内容

 20181120

日時

平成30年11月20日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 「いわき市医療センター」の開院について 

市長コメント

 会見に先立ちまして、ご報告させていただきます。
 去る11月5日、本市を舞台とした書籍で、開高健ノンフィクション賞を受賞した「空をゆく巨人」の著者である、川内有緒氏に推薦状を贈呈させていただきました。
 川内氏からは「推薦をいただき、応援していただけることに感謝している。これからもいわきとの交流を続けていきたい。」との言葉をいただきました。
 作品の中では、本市在住の会社経営者志賀忠重氏と、国際的な芸術家である蔡國強氏との長年の交流を通じて、震災前後の本市の状況が詳細に描かれております。
 市といたしましては、書籍「空をゆく巨人」を通して、ふるさとを知り、ふるさとに誇りを持ってもらうため、児童・生徒をはじめ、市民の皆様に御覧いただけるよう、今後、書籍を全市立小・中学校図書館及び市内の全市立図書館に配備することとしておりますので、ぜひ御一読いただければと思います。

 さて、本日の案件は

  • 「いわき市医療センター」の開院について

 の1件であります。
 
 本医療センターは、地域医療の要となる最新の病院として建設を進めてきたものであり、平成25年度に基本設計をまとめ、平成26年度に建築実施設計および施工を一括発注し、以来4年の歳月を経て、今般、「総合磐城共立病院」を「いわき市医療センター」に改め、来月25日に待望の開院を迎えることとなりました。
 建物は地上13階、屋上にヘリポートを整備し、総病床数は700床となります。
 「地域がん診療連携拠点病院」にふさわしい最新機器を導入するほか、緩和ケア病棟を新設、脳血管や心疾患、救急医療、小児・周産期母子医療の充実を図るとともに、災害時にも拠点病院となりうる施設や設備も完備しています。
 また、コンビニエンスストアのローソンやカフェのタリーズコーヒー、レストランなどの施設も充実しており、まさに東日本でも有数の病院となります。
 つきましては、来る12月25日に医療センターが開院するにあたり、改めて施設の概要についてご説明申し上げますとともに、開院までの取り組みやスケジュール等についてお知らせ申し上げるものです。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469