メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成30年11月6日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15414-7140-2235 更新日:2018年11月6日

市長記者会見

発表内容

 20181106

日時

平成30年11月6日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 東京2020大会・ラグビー国際大会に向けたいわき市の取組方針
    “選ばれるまち・いわき”を目指すアクションプランの策定について
     

市長コメント

 会見に先立ちまして、世界各地の水族館関係者が集う「第10回世界水族館会議」が、いよいよ開幕となりましたことから、改めてお知らせ申し上げます。
 同会議は小名浜魚市場をメイン会場として、「水の惑星・地球の未来について考える」をテーマに、研究発表などを行う国際会議で、国内での開催は、東京の葛西臨海水族園以来2回目となります。
 開催期間は、昨日11月5日から10日までとなっておりますが、会期中は関連行事として、アクアマリンパークで「おなはま竜宮城まつり」いわき・ら・ら・ミュウで復興特別展示「私たちの力~震災復興の軌跡」などを開催しています。
 会場周辺でのイベント等を通して、市民の皆様に本市で国際会議が開催される意義を共有いただくとともに、本市の復興創生に向け着実に前進している姿を、広く世界に発信する機会にしたいと考えております。
 さらに、同会議には来賓として秋篠宮殿下が参列されることとなっており、大変有り難いことと受け止めています。

 さて、本日の案件は

  • 東京2020大会・ラグビー国際大会に向けたいわき市の取組方針
     “選ばれるまち・いわき”を目指すアクションプランの策定について

 の1件であります。
 
 本プランは、世界最大のスポーツの祭典である東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会および来年、アジアでは初開催となるラグビー国際大会に向け、本市としての基本的な考え方や目標、取組内容を定めたものであります。
 両大会を本市の復興・創生に向けた好機と捉え、新・市総合計画、いわき創生総合戦略の実現に向けた原動力となるよう、有形・無形の価値のあるレガシーを創出することを目的として、2020年度までの具体的な取組みを取りまとめましたことから、その概要についてお知らせ申し上げるものです。
 なお、本プランに基づき実施いたします、本市が東京2020(にいぜろにいぜろ)オリンピック・パラリンピック競技大会のホストタウンとして登録している、サモア独立国のラグビー代表チームのラグビー国際大会における事前チームキャンプ受入事業の前段として、私が同国を訪問し、同国ラグビー協会会長であるトゥイラエパ首相と、10月29日に「事前チームキャンプに関する合意書」を締結して参りました。
 現地では、最大級のもてなしを受けるとともに、締結式の様子を地元メディアに大きく取り上げていただくなど、関心の高さを感じました。
 今後は本合意書に基づき、事前チームキャンプを実施するとともに、市民との交流事業を実施するなど、大会に向けた機運の醸成を図って参りたいと考えております。


 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469