メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成30年7月3日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15305-7601-1681 更新日:2018年7月3日

市長記者会見

発表内容                               

20180703 

日時

平成30年7月3日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 建築物の既設ブロック塀などの安全点検について
  2. 「イオンモールいわき小名浜」グランドオープン後の小名浜港背後地の状況について

市長コメント

 本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

 まずは、先月18日に発生しました大阪府北部を震源とする地震により、犠牲になられた方々と御遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に対しまして、衷心よりお見舞い申し上げます。

 さて、本日皆様にお知らせする案件は、

  •  建築物の既設ブロック塀などの安全点検について
  •  「イオンモールいわき小名浜」グランドオープン後の小名浜港背後地の状況について

 の2件であります。

 まず「建築物の既設ブロック塀などの安全点検について」であります。
 この度の大阪府北部を震源とする地震により、小学校のプールの壁が倒壊し、女子児童が犠牲となったことを受け、本市では、直ちに市立小・中学校について、隣接する道路に面して設置されたブロック塀の安全点検を実施し、現在の建築基準法の規定に適合していない箇所について、撤去等の対応を進めております。
 また、市立保育所・幼稚園をはじめとする他の公共施設につきましても安全確保のため鋭意点検作業を進めているところであります。
 さらに、一般住家における点検については、国土交通省より、既に設置されているブロック塀等の安全点検のためのチェックポイントが公表されたことを受け、速やかに市ホームページなどで周知を図ったところであり、今後においても各世帯への回覧などにより点検の実施を呼びかけるとともに、市民の皆様からの相談にも丁寧に対応して参りたいと考えております。
 各社様におかれましても、市民の皆様への周知に御協力をお願いいたします。

 次に「『イオンモールいわき小名浜』グランドオープン後の小名浜港背後地の状況について」であります。 
 小名浜港背後地(都市センターゾーン)開発事業計画に基づき、建設が進められておりました、イオンモールいわき小名浜が先月15日にグランドオープンを迎えました。
 同施設のオープン後の周辺地域の状況についてご報告申し上げます。
 初めに賑わいの状況につきましては、オープン初日、私もオープニングセレモニーや「津波発生時の緊急避難一時施設としての使用に関する協定締結式」に出席するため同施設を訪れましたが、開店前からたくさんのお客さんで行列ができておりました。
 オープンからの三日間で12万5千人もの方が来店されるなど大変な賑わいとなっており、年間700万人の来店者が見込まれる中で、順調なスタートを切ったと聞き及んでおります。
 また、周辺のアクアマリンパーク内施設の駐車場につきましても、例年と比べて駐車台数が大幅に増加しており週末には満車の状態になっていると聞き及んでおります。
 懸念されておりました周辺の交通状況に関しましては、交通集中箇所の迂回を促すマップや、周辺において一体的に利用可能な駐車場マップを作成し、広く周知を行うとともに、新常磐交通株式会社による現行路線バスの乗り入れや、週末などの繁忙期における泉駅からの直行便の導入、イオンモールによる臨時無料のシャトルバスの運行など官民が一体となった交通対策の取り組みが功を奏し、大きな渋滞を回避できたものと考えております。

 これから、市内各地において魅力あふれる夏のお祭りやイベントが開催されます。
 小名浜港周辺におきましても、おなはま海遊祭やいわき花火大会が行われますので、多くの市内外の方々にいわき、小名浜に足を運んでいただきたいと考えております。
 今後におきましても、復興のシンボルとなる新たな交流拠点が誕生したことを契機に、より多くの方にいわきの魅力を堪能していただくため、小名浜港背後地における賑わいや活力が、市内全域に波及するよう関係機関・団体等と連携しながら取り組んで参りたいと考えております。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469