メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成29年8月1日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15015-5340-6783 更新日:2017年8月1日

市長記者会見

発表内容 

日時

平成29年8月1日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 常磐湯本地区まちづくり計画(改訂版)の策定について
  2. (仮称)磐城平城・城跡公園整備構想図の作成について
  3. いわき市国保健康づくり推進世帯表彰の実施について

市長コメント

 本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

 さて、本日の案件は、

  • 常磐湯本地区まちづくり計画(改訂版)の策定について
  • (仮称)磐城平城・城跡公園整備構想図の作成について
  • いわき市国保健康づくり推進世帯表彰の実施について

 の3件であります。

 はじめに「常磐湯本地区まちづくり計画(改訂版)の策定について」であります。
 本計画は、同地区を対象として平成17年3月に策定し、「鶴のあし湯」や「野口雨情記念湯本温泉童謡館」の整備のほか、湯本川調整池や都市計画道路等の都市基盤整備など、公民連携により、各種まちづくり事業を展開してまいりました。
 先の東日本大震災の影響による観光客の減少など温泉観光地としての厳しい状況が続いておりますが、一方で、いわき湯本温泉「フラのまち宣言」や「フラ女将」の活動など新たな地域活性化に向けた取り組みも行われており、去る6月16日には、温泉情緒を活かした交流拠点広場づくりとまちの魅力向上への貢献を称え「鶴のあし湯を愛(め)でる会」の皆様がまちづくり功労者として国土交通大臣から表彰を受けたところであります。
 このような状況を踏まえ、賑わいと魅力に溢れた観光拠点の再生に向け、「地区まちづくり計画策定に関するパートナーシップ協定」を締結している「じょうばん街工房21」と協働で取り組み今般、同計画の改訂版を策定しましたことから、その概要について説明申し上げるものです。
 なお、本日は、じょうばん街工房21より会長の小井戸英典様、ワーキンググループ委員長の小泉智勇様、また、「フラのまち宣言」推進委員会より、副会長の若松久美子様にもご出席いただいております。

 次に「(仮称)磐城平城・城跡公園整備構想図の作成について」であります。
 本市では、磐城平城本丸跡地について、市民の皆様の、本市の歴史や文化に対する関心や、郷土の貴重な歴史遺産を後世に継承する意思が高まりつつある中、当該跡地の公有化と公園整備に向けた取り組みを進めており、そのあり方などについて調査検討を行ってまいりました。
 また、本年3月に国の認定を受けた「いわき市中心市街地活性化基本計画」に整備を位置付けるとともに、本年度は「中心市街地活性化広場公園整備事業」として国の採択を受けたところであります。
 今後、地権者の方々をはじめ、多くの市民の皆様に整備イメージを共有していただき、円滑な事業の推進を図るため、今般「(仮称)磐城平城・城跡公園整備構想図」を作成しましたので、その概要について説明申し上げるものです。
 
 最後に「いわき市国保健康づくり推進世帯表彰の実施について」であります。
 本事業は、健康に対する意識の醸成及び特定健診の受診率向上に資することを目的として本年度より新たに実施するもので、特定健診を受診し、かつ、健康づくりに取り組んでいる国保加入世帯を表彰する事業であります。
 表彰は、基準日時点において一定の条件を満たす世帯を対象として表彰状のほか、褒賞品としていわきの特産品を贈呈することとし、本日より申請受付を開始することから、その概要について説明申し上げるものです。
  
 私からは、以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469