メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

成人健康診査のすすめ

問い合わせ番号:14990-4058-6632 更新日:2019年4月22日

生活習慣病を御存じですか?

生活習慣病とは、日頃の食事や運動、ストレス、喫煙、休養などの生活習慣が深く関係し発症する病気の総称であり、糖尿病や高血圧、がん、脳卒中、心臓病、腎臓病などがあります。

生活習慣病は、いわき市民の死因の半数以上を占め、身近な病気になっています。

siinnbetusibouwariai2017iwaki 

生活習慣病を予防するためには、日頃の生活習慣が大切ですが、自分の体の健康状態を確認することも重要です。そのための一歩が健康診査及び各種検診です。

年に1度の健康診査及び定期的な各種検診を受診するようおすすめします。

各種健(検)診の変更点について

推定食塩摂取量検査をはじめます!

食塩の過剰摂取は高血圧と関連し、心血管病のリスクを高めるなど、様々な疾病を引き起こします。こうした現状を踏まえ、厚生労働省の「食事摂取基準」では1日の食塩摂取目標値を男性8g未満、女性7g未満としています。そこで、今年度からいわき市健康診査に推定食塩摂取量検査を加えることにしました!健康診査を受診して、自分の食塩摂取量を知りましょう!

ヘリコバクター・ピロリ抗体検査(胃がんリスク検査)をはじめます!

ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜に住みつく菌で、感染したまま放置しておくと、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどが引き起こされることがあります。ご自身の感染状況から胃がんのリスクを知ること、併せて検診を定期的に受診することで、胃がんの予防・早期発見につなげましょう。対象年齢の方で、一度も検査したことが無い方は、この機会に是非受診してください。 
※検査で陰性となった方の中にも、以前感染していた方で、抗生物質の内服等による偶然の除菌や自然消滅などで陰性と出ることもあるため、ヘリコバクター・ピロリの感染の有無だけでなく、実際の胃粘膜の状態を知ることが大切です。併せて胃がん検診を受診してくださるようお願いします。

胃がん検診の対象年齢引き上げと、前立腺がん検診の廃止について

自治体によるがん検診は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることを目的に実施しています。厚生労働省の指針には、検診方法や受診間隔が定められており、指針に基づくがん検診の実施が推奨されています。
胃がん検診は、受診に伴う不利益(バリウムの誤嚥、内視鏡による胃穿孔等)を考慮し、指針に合わせ、「対象年齢50歳以上」としました。
また、前立腺がん検診は、検診による死亡率減少効果の有無を判断する証拠が現状では不十分であること、前立腺がんの中には、進行が遅く、寿命に影響しないものが多く、過剰診断などの不利益が多いことから、指針では自治体で行う検診として推奨されておりません。つきましては、今年度より市としての前立腺がん検診は実施しません。

健康診査について

種類 対象者 内容 料金
いわき市国保
特定健診
・いわき市国民健康保険に加入している40歳~75歳未満の方
※いわき市国保加入者以外は、加入している医療保険者にお問い合わせください。
個別
健診

問診、身体計測、診察、尿検査、血圧測定、血液検査(脂質、糖、肝機能、腎機能、貧血)、心電図、眼底検査、推定食塩摂取量検査
 
無料
集団
健診
健康診査
(後期高齢者)
・40歳以上の生活保護受給者
・福島県後期高齢者医療保険に加入している方(65歳以上加入者も含む)
 
個別
健診
上記、国保特定健診と同様の内容となります。 無料
集団
健診
既存健診対象外の方向けの健康診査 ・19歳~39歳の方のうち、無職(求職中)・アルバイト・専業主婦(夫)の方など(市国保、社会保険被扶養者)
※通勤している方(社会保険の被保険者本人)、各種学校に通学している方はこの健康診査の対象外です。
個別
健診
上記、国保特定健診の内容から、貧血・心電図・眼底検査を省略した内容となります。 無料
集団
健診
人間ドック いわき市国民健康保険に加入している方で、30歳~75歳未満の方 日帰りコース 11,400円
 特別コース  18,300円
 脳ドック  12,600円
※40歳から75歳未満の方の健康診査は、加入している健康保険組合等で「特定健診」として実施しております。いわき市国民健康保険以外の保険に加入されている方は、加入している保険者に確認してください。

※「全国健康保険組合(協会けんぽ)」の特定健診についての問合せ・申込みは、協会けんぽのホームページをご覧ください。

・協会けんぽホームページ(外部リンク)

※人間ドックの日帰りコース、または特別コースを受診される方は、特定健診は受診できませんのでご注意ください。

国保特定健診、国保人間ドックについて(1MB)(PDF文書)

がん検診等各種検診について

【対象者の基本条件】
・いわき市に住民票があり、事業者や加入保険等で検診の受診機会のない方

種類 対象者 内容 料金
肝炎ウイルス検診
・40歳以上の方
※既に肝炎ウイルス検診を受診した方と肝炎にり患している方は、検診の対象外です。
 
個別
検診
問診、血液検査
B型及びC型肝炎ウィルス検査
無料
 
集団
検診
ヘリコバクター・ピロリ抗体検査(胃がんリスク検査) 40歳以上の5歳きざみの年齢の方で、過去にヘリコバクター・ピロリ感染の検査を受けたことがない方。
個別
検診
 
血液検査
(特定健診等の採血と同時に検査することをおすすめします。胃がんの早期発見のため、胃がん検診も必ず受けましょう。)
200円

集団
検診
 
胃がん検診 ・50歳以上の方
※現在、食道及び胃疾患の治療中の方は受診できません。
 過去に胃の手術を受けた方は、主治医に相談の上、受診してください。
個別
検診
胃部X線直接撮影(バリウム)または胃内視鏡検査(胃カメラ) 1,500円


 

集団
検診 


 

胃部X線間接撮影
(バリウム)

350円

肺がん検診 胸部X線 ・40歳以上の方
※65歳以上の方については、結核健康診断も実施
個別
検診
胸部X線直接撮影 350円

集団
検診
 
150円
喀痰細胞診 ・胸部X線検査受診者のうち、50歳以上で、喫煙指数が600以上の方
※喫煙指数=1日の喫煙本数×喫煙年数
個別
検診
喀痰細胞診(痰を3日間採取し、がん細胞の有無を検査)
250円

集団
検診
 
150円
大腸がん検診 ・40歳以上の方 個別
検診

便潜血反応検査
(2日法)
※集団検診でも容器の配布、検体の提出が可能です。
 

250円
乳がん検診 ・40歳以上で、偶数年齢の女性
・前年度対象であって受診されなかった女性


※授乳中の方、ペースメーカー、シャントチューブ、CVポートが入っている方、豊胸手術をした方は受診できません。
個別
検診
乳房X線撮影(マンモグラフィ)
※40歳から49歳の方は2方向からの撮影を行います。
※40歳から59歳の方は視触診を行います。
40歳~49歳 1,200円
50歳~59歳 1,000円
60歳~69歳 700円
70歳以上 400円
集団
検診
40歳~49歳 1,000円
50歳~69歳 700円
70歳以上 300円
子宮がん検診 頸部がん ・20歳以上で、偶数年齢の女性
・前年度対象であって受診されなかった女性
 
個別
検診
子宮頸部細胞診 750円

集団
検診
 
350円
体部がん

 

・子宮頸がん個別検診受診者の内、最近6ヶ月以内に不正出血があり、次のいずれかに該当する女性。
 (1)50歳以上 (2)閉経後の方 (3)未妊婦で月経不規則の方(4)医師が必要と認める方

 

個別
検診
子宮内膜細胞診
※集団検診では実施していません。

650円
骨そしょう症検診 40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の女性 個別
検診
骨量測定
550円

集団
検診
 
歯周疾患検診 40歳、50歳、60歳、70歳の方
個別
検診
 
歯及び歯周組織検査・保健指導  250円

※年齢は、年度末の時点での年齢で、受診日時点の年齢と異なることがあります。

※がん検診等の各種検診は、会社や加入されている健康保険組合等で検診の機会がある方は、市の検診は対象外になります。まずは、加入されている保険者に検診の実施の有無等確認をお願いします。

実施期間

・毎年度 5月から1月まで(乳がん個別検診を除く) 

・乳がん個別検診については、生まれ月によって受診期間が異なります。  

乳がん検診
(個別)

生まれ月

受診期間

4月~9月

5月~9月

10月~3月

9月~1月


※期間内に受診できない方は、医療機関に御相談ください。

受診券の申込み

 市の各種検診を受診するためには、市が発行する受診券が必要です。市の検診の対象になる方は、電話で受診券の申込みをお願いします。受診券を紛失してしまった方に対しても、再発行が可能ですので、電話でお問い合わせください。

 ただし、次の方は、毎年4月下旬に受診券を送付しておりますので、申込みの必要はありません。

・毎年4月1日時点で、(1)~(4)に該当している方

(1)いわき市国民健康保険に加入している方

(2)福島県後期高齢医療保険に加入している方

(3)生活保護受給者

(4)過去2年間において、市の検診を受診したことがある方
   (受診した項目のみの発行になります。)

受診券申込み先

健康づくり推進課 生活習慣改善係 0246(22)7448

※電話でのお申込みの際には、加入保険を口頭で確認させて頂きますので、保険証をお手元に準備し、平日8:30から17:15までにお願いします。
※受診券の発送には、最長10日程度かかります。余裕を持ってお問い合わせください。

受診方法

個別健診

・市内の登録医療機関で受診することができます。

個別健康診査登録医療機関・歯周疾患検診登録歯科医院一覧(1MB)(PDF文書)

※事前に電話で予約等の確認をしてから受診してください。

集団健診

・決められた日時に公民館等で受診することができます。

集団健診日程

市内全地区(1MB)(PDF文書)
休日、ナイト(1MB)(PDF文書)
平地区(1MB)(PDF文書)
小名浜地区(1MB)(PDF文書)
勿来、田人地区(1MB)(PDF文書)
常磐、遠野地区(1MB)(PDF文書)
内郷地区(1MB)(PDF文書)
好間、三和、四倉、久之浜、小川、川前地区(1MB)(PDF文書)

※居住地区に関わらず、市内どの会場でも受診できます。
※「休日健診」「胃がん検診」「子宮がん検診」「乳がん検診」は、事前にハガキでの申込みが必要となります。予約が必要な検診については、定員を設けておりますので、希望にそえないことや、予約ができないこともありますので、ご了承ください。

集団検診申込みハガキ

・集団検診申込みハガキは、受診券に同封されております。希望する検診の受診券があるか確認してからお申込みください。


※ハガキにて申込みされた方で、予約が確定した方には健康づくり推進課より「申込み確認書」ハガキを通知させていただきます。定員を超えて希望にそえない時にも、健康づくり推進課より連絡させていただきますので、通知の確認をお願いします。
 

 非課税世帯の料金免除について

 受診年度の市民税が非課税の世帯の方で、市の検診対象者は、次の項目が無料になります。

・骨そしょう症検診
・歯周疾患検診

免除の手続き

  1. 同意書を最寄りの各地区保健福祉センター健康係か健康づくり推進課生活習慣改善係に提出

  2. 非課税世帯の方に対し、健康づくり推進課より「健康診査自己負担金免除の確認証」ハガキ送付(毎年度6月上旬に非課税の確認がとれるため、同意書を提出した方への確認証ハガキが送付されるのは、6月以降となります)

  1. 受診時、「確認証ハガキ」を医療機関に提示することで、無料で検診が受診できます。

 ・同意書様式 (54KB)(PDF文書)

受診当日の持ち物

・市が発行する受診券(受診する項目の受診券があるか確認してお持ちください。)

・健康保険証

・自己負担金

※非課税世帯の「健康診査自己負担金免除の確認証」をお持ちの方は、受診当日お持ちください。

健康診査及び各種検診の流れ

ステップ1:対象の確認

自分が対象となる健康診査及び検診項目の確認(加入保険及び年齢等で変わります)。

年齢早見表(1MB)(PDF文書)

ステップ2:受診券の確認

・希望する健康診査及び検診の受診券があるか確認。

・受診券がない時には、健康づくり推進課生活習慣改善係(22-7448)に電話で申し込む。

ステップ3:受診方法を決める。

・個別健診(検診):個別健康診査登録医療機関・歯周疾患検診登録歯科医院一覧(1MB)(PDF文書)から受診する病院を決める。

・集団健診(検診):集団健診日程(1MB)(PDF文書)から受診する日時及び会場を決める。

ステップ4:健診及び各種検診の予約

・個別健診(検診)は、希望する登録医療機関に電話で確認し、予約が必要な場合は、予約をする。

・集団健診(検診)は、「胃がん検診」「子宮がん検診」「乳がん検診」「休日健診」のみハガキでの予約をする。

ステップ5:健診及び各種検診を受診する。

・「受診券」、「健康保険証」、「自己負担金」を持参し、健康診査及び各種検診を受診。

ステップ6:後日、自宅に結果が通知される。

・健診(検診)の結果は、健診(検診)受診後、1か月~1か月半後に自宅に郵送されます。

※集団健診は、受診した項目が一通の結果通知書で届きますが、個別健診は、受診した項目毎の結果通知になりますので、同じ日にちに複数の項目を受診しても、同じ日に結果が届くとは限りませんので、ご了承願います。

ステップ7:健診結果を確認し、次年度以降も定期的に受診を継続する。

・「異常を認めず」と判定された方は、前回の結果と比較し、悪化している項目がないか確認し、生活習慣を振り返るとともに、次年度以降も継続的に健診(検診)を受診するようおすすめします。

・「要医療」、「要精密検査」と判定された方は、必ず医療機関を受診してください。

・「要指導」と判定された方は、生活習慣を振りかえり、生活習慣病の予防に取り組んでください。
各地区保健福祉センター健康係では、健康相談を受け付けておりますので、ご相談ください。

【各地区保健福祉センター 健康係連絡先】

平地区保健福祉センター

0246(22)7621

小名浜地区保健福祉センター

0246(54)2111

勿来・田人地区保健福祉センター

0246(63)2111

常磐・遠野地区保健福祉センター

0246(43)2111

内郷・好間・三和地区保健福祉センター

0246(27)8692

四倉・久之浜大久地区保健福祉センター

0246(32)2114

小川・川前地区保健福祉センター

0246(83)1329 

 

保健のしおり

健康診査及び各種検診については、毎年3月に各戸配布している「保健のしおり(冊子)」に内容が掲載されています。「保健のしおり」がお手元に届かない方は、市役所、各地区保健福祉センター及び各支所等で配布しております。また、市ホームページにも掲載されておりますので、ご覧ください。

「保健のしおり」(内部リンク)

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり推進課
電話番号:0246-22-7448
ファクス番号:0246-22-7570