メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成29年3月21日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:14900-6941-5685 更新日:2017年3月21日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成29年3月21日)の様子 

日時

平成29年3月21日(火曜日) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 共創のまちづくり提案制度について
  2. 「いわき市共に創る道づくり事業」の実施について
  3. 北里大学寄附講座「小児-小児循環器地域医療学(いわき市)」の協定締結式について

 本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
 
 さて、本日の案件は、

  •  共創のまちづくり提案制度につい
  •  「いわき市共に創る道づくり事業」の実施について
  • 北里大学寄附講座「小児-小児循環器地域医療学(いわき市)」の協定締結式について

の3件であります。 

 はじめに「共創のまちづくり提案制度について」であります。
 本市では、市民をはじめ様々な主体と連携しながら共に創る「共創のまちづくり」を進めることとしておりますが、その具体策としまして、広聴機能の充実を図り、公民連携によるまちづくりを推進するため「共創のまちづくり提案制度」として、平成29年4月から2つの事業を実施することからその概要について説明申し上げるものです。
 事業内容としましては、スマートフォン等の専用アプリを使用し、市の行政課題に係る情報について、市民が手軽に市に通報できる仕組みを導入する共創のまちづくり提案事業、通称「スマレポいわき」と、市民の柔軟な発想によるまちづくりに係るアイデアや、独創的で建設的な市政に係る提案を広く受け付ける態勢を構築するまちづくりアイデア提案事業、通称「i(あい)()os()」の2事業であり、本事業により、市民の皆さんの市政への参加意識を醸成し、共創のまちづくりを推進して参ります。

 次に「『いわき市共に創る道づくり事業』の実施について」であります。
 先の案件に引き続き、共創のまちづくりを進める取り組みとして地域の共有財産である身近な市道につきまして、住民本位の親しみある道づくりを推進していくため、地域と協働により市道の簡易な整備や維持補修を行うことにより、道路愛護意識の高揚及び、よりよい道路環境の創出を図ることを目的として、平成29年度より新たに「いわき市共に創る道づくり事業」を実施することからその概要について説明申し上げるものです。  

 最後に「北里大学寄附講座『小児-小児循環器地域医療学いわき市の協定締結式について』であります。
 本市では、医師不足への対応としまして、寄附講座の開設による総合磐城共立病院への医師招聘を実施しており、これまで、産婦人科医、整形外科医を招聘してきたところであります。
 平成29年度から新たに、北里大学医学部に小児科の講座を開設できることとなり、来る3月23日木曜日に「北里大学寄附講座『小児-小児循環器地域医療学いわき市』」に係る協定締結式が執り行われることとなりましたので、その概要について説明申し上げるものです。

 私からは以上であります。

 

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469