メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

スポーツ振興基金事業補助金について

問い合わせ番号:14828-1166-8050 更新日:2018年4月1日

スポーツ振興基金事業補助金

・ 補助対象事業について

(1)国際、全国、東北大会等選手派遣補助事業
(2)地元開催競技大会事業(国際、全国、東北大会を市内で開催する事業)
(3)少年スポーツ普及育成事業(少年スポーツの普及又はスポーツ少年団の育成に関する事業)
(4)生涯スポーツ普及推進事業(市民の健康増進又は生涯スポーツの普及に関する事業)
(5)指導者養成事業

※詳細は添付ファイルのいわき市スポーツ振興基金補助金交付要綱をご覧ください。
※(1)の補助対象大会は、文部科学省、都道府県、公益財団法人日本スポーツ協会若しくは日本スポーツ協会の加盟団体が主催もしくは共催する東北大会以上の大会です。(福島県内で開催される大会および中体連、高体連が主催している大会を除く)

・ 申請の締め切りについて

申請は着手日(大会に出発する日など)の10日前までに必ず行ってください。
※申請期限を過ぎた申請は一切受け付けません。
また、予算がなくなり次第受付終了となります。

・ 申請時提出書類について

(1)第1号様式 補助金等交付申請書
(2)☆収支予算書(積算根拠を明記)
(3)☆委任状(出場者本人が申請しない場合のみ)
(4)大会要項の写し
(5)☆メンバー表(団体で出場する場合のみ)
(6)☆大会出場申込書の写し
(7)☆予選の結果(賞状や新聞に掲載された記事等でも可)
(8)第5号様式 補助事業着手(完了)届
(9)債権者登録申請書(初めて補助を受ける方のみ提出)

※ ☆は、「国際、全国、東北大会等選手派遣事業」の必要書類

・ 申請書の書き方について

 (1) 申請者名について

必ず債権者登録を行った方の住所、氏名、肩書きで申請してください。氏名(団体名、代表者名を含む)、住所等の変更があった場合は債権者登録書の再提出をお願いします。

また、未成年者が大会に出場する場合は、保護者が申請してください。
なお、保護者が申請者になる場合も、出場者本人からの委任状が必要となりますので、忘れずに提出してください。

 (2) 収支予算書について

団体や複数人での申請の場合は一人分ではなく全員分の金額で予算書を作成してください。

 (3) 委任状について

委任状上部には大会出場者本人(保護者は不可)、下部には申請者(債権者登録をした方)がそれぞれ記名・押印してください。

※委任状添付により、(同じ大会であれば)複数人分をまとめて申請することも可能です。

・ 大会終了後提出書類について

(1)第5号様式 補助事業着手(完了)届
(2)第7号様式 補助金等実績報告書
(3)事業の実施状況が分かる書類又は、☆大会結果(賞状や新聞のコピー等。プログラム等に書き込んだものでも可)
(4)収支決算書(必ず領収書のコピー等を添付)

※ ☆は、「国際、全国、東北大会等選手派遣事業」の必要書類

大会終了後、15日以内に提出してください。

期限を過ぎても書類が提出されない場合は、補助金を振り込むことができない場合がありますのでご注意ください。

・補助金の請求提出書類について

(1)第6号様式 補助金等交付請求書

(2) 通帳の写し

補助金等確定通知書が届いてから、補助金等交付請求書を提出してください。

補助金の振込み日は原則として請求から、約1ヶ月後となります。

お問い合わせ

文化スポーツ室 スポーツ振興課
電話番号:0246-22-7553
ファクス番号:0246-22-1285