メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成28年11月15日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:14791-6704-8894 更新日:2016年11月15日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成28年11月15日)の様子

日時

平成28年11月15日(火曜日) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. いわき市女性活躍推進企業認証制度の創設について
  2. LED型防犯灯への切替促進に係る補助制度の創設について
  3. 市営住宅借地返還促進事業に係る事業の進捗状況及び今後の予定について

 本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
 
 さて、本日の案件は、

  • いわき市女性活躍推進企業認証制度の創設について
  • LED型防犯灯への切替促進に係る補助制度の創設について
  • 市営住宅借地返還促進事業に係る事業の進捗状況及び今後の予定について

の3件であります。

 はじめに「いわき市女性活躍推進企業認証制度の創設について」であります。
 女性がその個性を十分に発揮することは、地域社会を活性化させる大きな力になると考えられることから、市では女性活躍推進、いわゆる「ジョカツ」に向け、女性の活躍や仕事と家庭の両立支援などに積極的に取り組む市内の企業を認証する制度を創設することとしましたのでその概要について説明申し上げるものです。
 女性の登用・育成、ワーク・ライフ・バランス、男女がともに働きやすい環境整備を積極的に進めているなど、一定の要件を満たす企業を「いわき市女性活躍推進企業」として認証し、認証書と認証プレートを交付するとともに、各種のインセンティブを付与することとしております。

 次に、「LED型防犯灯への切替促進に係る補助制度の創設について」であります。
 市内には、町内会や自治会等の維持管理のもと、約27,000灯の防犯灯が設置されており、そのほとんどが蛍光灯型となっておりますが、これらの蛍光灯型防犯灯は、国内の主要メーカーにおいて、すでに生産が終了していることから、LED型防犯灯への切り替えが急務となっております。
 しかし、費用負担が大きいなどの課題からあまり切り替えが進んでいない状況にあるため、LED型防犯灯への切り替えの促進、省エネルギーの推進、町内会等の維持管理費用の負担軽減などを図るため、LED型防犯灯への切替費用に対する補助制度を創設することとしましたのでその概要について説明申し上げるものです。

 最後に「市営住宅借地返還事業に係る事業の進捗状況及び今後の予定について」であります。
 当該事業につきましては、東日本大震災以降の市内における宅地不足に対応するため、敷地が借地となっている市営住宅団地内に点在する入居者の集約を図ることにより、積極的に借地の返還を進め、民間での有効な土地活用を促すことを目的に、平成27年度より実施しております。
 本年度においては、市内4団地の一部を借地返還の対象とし、地権者及び入居者の皆さんのご理解を得ながら、概ね順調に事業を進めているところでありますが、あらためて、現時点における事業の進捗状況及び今後の予定について、ご報告申し上げます。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469