メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

平成28年度 水道週間「写真展」入賞作品(最優秀賞・優秀賞)

問い合わせ番号:14644-4082-4405 更新日:2016年5月30日

今回は、67名の方から108点の応募がありました。
その中から最優秀賞と優秀賞作品を紹介しますのでどうぞご覧ください。

最優秀賞
角田 駒雄 さん 「水ぬるむ頃」

選考理由
春の日差しの中、田植えをするほのぼのとした光景です。 前景に写る2人の老人の後ろ姿は、長年の人生の足跡を感じます。 田植えをしている若者に農業を託す願いが、後ろ姿から感じられます。

優秀賞
遠藤 清作 さん 「HO」

選考理由
水と夕景との敬いは、作者の心の表現と感じました。前景の水面のブルーの中に同化して映る雲との調和は美しい世界を描き、背景に写る水道タンクの円形の造形の存在は、美しい幻想を感じさせられました。

優秀賞
門林 泰志郎 さん 「いわき大久川、夏」

選考理由
川で水遊びをする子供たちは、未来の希望を支えてくれます。水しぶきを散らす男の子を、一瞬のシャッターチャンスで切り撮った作者の技術を評価します。背景の子供たちの楽しい声が、画面の中から聞こえてくるすばらしい作品です。

優秀賞
芳賀 舞 さん(高校生) 「Water Sprash」

選考理由
滾々と湧き出る水を高速シャッターで捉えた意図は見事です。画面一杯の輝く水模様の構成は感性が高く、作者が心で捉えた作品だと思います。

審査講評

年々作品の応募数が増えてきたことは嬉しく思います。全体的にレベルの高い作品のため、審査するのに大変苦労しました。日常的に水と触れあうことで、水に対する意識を感じられます。

特に、高校生の作品が31点と例年より10数点多い応募は、水から得た自然の感情の広がりと思えます。

最後に、水と共に地域の文化の成熟が写真の中から伝わっていくことを、心から念じます。

審査員長 上遠野 良夫(写真家)

お問い合わせ

水道局 経営企画課
電話番号:0246-22-9309
ファクス番号:0246-21-4844