メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成28年4月19日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:14610-2339-2247 更新日:2016年4月19日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成28年4月19日)の様子

日時

平成28年4月19日(火曜日) 午前11時

場所

第3会議室

案件

  1. 平成28年熊本地震に対する本市の対応について
  2. 復興・創生推進大会について

市長コメント

 本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
 まずは、この度発生した熊本地震により、犠牲になられた方々と御遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された多くの方々に対しまして、衷心よりお見舞い申し上げます。
 5年前に私どもが経験したあの不安な日々を、被災地の方々が同様に過ごされていることを思うと深い心の痛みを感じるところであります。
 どうか一日も早く、皆様が落ち着いた生活を取り戻せますよう心よりお祈り申し上げます。
 本日の案件は、

  • 平成28年熊本地震に対する本市の対応について
  • 復興・創生推進大会について

の2件であります。

 はじめに平成28年熊本地震に対する本市の対応についてであります。
 今も余震が続き多くの方々が避難をされているなど、現地は混乱が続いている状況にあり、物資をはじめさまざまな支援を必要としていることと思われます。
 先の大震災においては、本市も全国からあたたかいご支援をいただいたところであり、被災の苦しみを経験した自治体でもあることから今回の地震で甚大な被害を被った熊本市に対し支援すべく調整を図っていたところでございますが、物資の準備及び輸送手段の確保などが整いまして本日午後、当市に向けて支援物資を送り届けることとなりましたのでお知らせするとともに、今回の支援に関する内容及び今後の支援などの対応につきまして御報告申し上げるものであります。

 次に、復興・創生推進大会についてであります。
 本市におきましては、東日本大震災から5年が経過した今年度、先般改定した「市総合計画後期基本計画」、さらには、新たに策定した「いわき創生総合戦略」及び「市教育大綱」をスタートさせるなど、復興・創生の新たなステージへの幕開けの年と同時に、市制施行50周年という節目の年を迎えました。
 この記念すべき重要な年において、多様な主体が連携しながら「明るく元気ないわき」を共に創っていく気運の更なる醸成を図るため、来る5月21日土曜日に、市文化センター大ホールにおいて、「復興・創生推進大会~共に創るこれからの“いわき”~」を開催することとしましたので、その概要について御説明申し上げるものであります。
 なお、当日は、「市総合計画改定後期基本計画」等の策定に携わっていただいた委員の思いや、いわき創生に向け取り組んでおられる民間事業者などの発表を通して、多くの方々に本市の未来像を共有していただき、それぞれの取組みを推進していく契機にしたいと考えております。

 私からは以上であります

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469