メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市制施行50周年記念事業の構成と予定事業について

問い合わせ番号:14556-6435-3377 更新日:2016年6月21日

記念事業の構成:50thプロジェクト

記念事業を「50の事業」で構築、基本方針に定めた実施方針に基づく次のキーワードで、各事業に最も関連性の高いテーマごとに分類し、事業展開していきます。

キーワード

「絆・交流」・「まち力向上」・「郷土愛」・「未来・夢・希望」・「魅力発信」

zentai

絆・交流:市民をはじめ様々な主体が連携し、交流を深め、人と人との絆を強める。

予定事業

No. 事業名称 事業概要  実施時期
1 国内外都市間交流促進事業 本市と姉妹都市提携(友好協定含む)をしている、もしくは交流が深い国内外の市区町村と、教育、文化、産業等における交流を通じて、相互の理解を深め、発展を目指すことを目的とした交流事業に対して、経費の一部を補助します。  通年
2

第12回いわきアリオス落語会 柳家小三治独演会

「いわきアリオス落語会」の特別版として、国の重要無形文化財(人間国宝)の指定を落語界で唯一受けている、現代落語の最高峰、柳家小三治による独演会を開催します。 4月6日
3 「女性を描く~クールベ、ルノワールからマティスまで~」展(市立美術館企画展事業) 19世紀後半から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家たちの作品の紹介を通して、子どもたちをはじめ、多くの市民に対して優れた美術作品の鑑賞の機会を提供し、市民の文化・芸術に対する知識・教養の向上に資するとともに、豊かな創造力を育みます。  4月16日~
5月29日
4 鉄道イベント開催事業 市民に、鉄道に親しみと愛着を持ってもらい、鉄道交通の利用促進に繋げることを目的に、いわき親子鉄道フェスタ2016の開催やアフターDC(デスティネーションキャンペーン)等で運行される企画列車との連携事業等を実施します。  4月~1月
5 いわき市民文化(春)祭 いわき市文化協会が実施する「いわき文化春祭り」において、本市の文化と深い関係のある団体等を招へいする等、多くの市民が新たに郷土芸能、伝統文化に触れる機会の創出を図ります。 文化春祭り:5月21日~22日
市民文化祭:10月~11月
6 第28回ふくしま緑の百景歩こう会 「ふくしま緑の百景」の選定地を中心としたコースのウオーキング大会を開催し、本市の自然や歴史・文化の魅力を広く紹介します。 5月29日
7 市民プレゼン大会 市民の市政に対する関心を高めるとともに、提案を市政運営の参考とすることにより、市政と市民のアイデアの融合を図るため、市民プレゼン大会を開催します。  7月16日
8 おどれ!いわきのtraditional cultureと共に!(※) 本市を代表する夏祭りである「いわきおどり」に市外の方にも参加していただくことを通して、本市の伝統文化の魅力や活力に満ち溢れたまちを目指す姿を発信します。  8月7日~8日
9 地域を学び未来につなぐ生涯学習推進事業  「いわきヒューマンカレッジ」や「市民講座」において、本市の歴史や文化に関連する講座を開設するとともに、「生涯学習フェスティバル」において、50周年をテーマとした特別コーナーを設置し、人々の絆と郷土に対する愛着をより深めます。 ヒューマンカレッジ:8月~11月
市講:随時
生学フェス:1月
10 いわき市+タウンズビル市国際姉妹都市締結25周年記念事業「ハムレット」(アリオス自主企画事業) 交流事業として、タウンズビル市のプロの劇団を招聘し、シェイクスピアの代表作「ハムレット」を上演する。また、本市で活動する劇団の俳優や高校演劇部の部員等との共演により、文化・芸術による交流をより深めます。  10月8日~9日
11 中核市サミット2016inいわき 例年開催されている「中核市サミット」を本市で開催し、共通の諸課題について議論を深め、その成果をサミット宣言として全国に発信するとともに、サミットの開催を機に、復興・創生に取り組む本市の姿を全国に広く発信します。  10月下旬
(2日間)
12 いわき市体育協会50周年記念事業 市と共に50周年を迎えるいわき市体育協会の50周年を記念し、スポーツの楽しさやスポーツに親しむことの重要性を認識する記念講演等を開催します。  11月~12月中
13 第6回NHK交響楽団いわき定期演奏会
(アリオス自主企画事業)
市民がいわき市に愛着と誇りを持つとともに、市内の演奏家や交響楽団などの芸術創造活動の励みとし、また、市をアピールするため、NHK交響楽団による定期演奏会を記念事業として開催します。  2月5日
14 第8回いわきサンシャインマラソン 交流人口の拡大や地域振興、競技・生涯スポーツの振興をなどを目的に「いわきサンシャインマラソン」を開催します。大会名に市制施行50周年記念事業を冠し、全市を挙げた事業展開を通じて50周年を祝う機運を醸成します。  2月上旬

 (※)の事業は、27年5月に開催した「50周年記念事業プレゼン大会」の入賞提案に基づく事業です。 

まち力向上:地域の特色・歴史や文化を生かしながら、まちのちからをさらに高める。

予定事業

No. 事業名称  事業概要 実施時期
15 いわきサンシャイン博 市全域を博覧会場に見立て、既存の観光資源やイベント等を有機的に組み合わせ、観光交流人口の回復を目指すとともに、市制施行50周年記念事業として、市民に対する情報発信も行い、再度いわきの魅力を知る機会を提供し、年間を通して楽しい「いわき」をPRします。 通年
16 市制施行50周年連携(名称使用)事業 市制施行50周年を盛り上げ、市の一体感を醸成するとともに、市内外へ広く情報発信を行うため、市民団体等が自主的に実施する事業で、記念事業として相応しい事業に記念事業の名称使用の承認やのぼり旗の貸与等の支援を行います。  通年
17 まち・未来創造支援事業(50周年記念事業特別枠) 市制施行50周年を迎えることに伴い、市民活動団体が行う市制施行50周年を祝賀し記念することを主たる目的とした事業に対して、必要な経費の一部を助成します。  通年
(募集は28年2月中)
18 小名浜「胃・飾・縦」プロジェクト(※) 「胃・飾・縦」をテーマに小名浜港の様々な資源を活用した多彩なイベントを展開することにより、通年で大きな賑わいを創出するとともに、小名浜港を通して地域への愛着心・誇りを醸成し、元気ないわき市の姿を広く発信します。  通年
19 いわきまつり 各地区夏まつり実行委員会等が主催者となり開催する地区の伝統ある夏まつりの事業費の一部を補助し、市制施行50周年となる市内各地を盛り上げます。  7月~8月
20 (第63回)いわき花火大会(※) いわき花火大会及びいわきおどり小名浜大会を運営する「いわき花火大会実行委員会」に対し、いわき花火大会等の開催運営費の一部を補助し、市制施行50周年に併せ、事業内容の充実を図り実施します。 8月6日
21 第20回記念大会サイクルフェスティバル2016 in いわき 全日本実業団自転車競技連盟によるクリテリウム競技(公道以外のサーキットコースを周回するロードレース)と、市体育協会が主催する一般市民参加型のサイクルアトラクションを併せて開催します。  9月17日~18日
22 食の都いわきづくり
~いわき見える化プロジェクト~
市内外の消費者に対し、安全・安心に関する各種情報を提供し、本市の農林水産物への理解の促進及び需要の活性化を目的に、本市の主要な農作物である米を活用した消費者参加型のイベントとして「ふりかけグランプリ® inいわき」を実施します。  10月
(2日間)
23 いわき産業復興祭(※) 市の産業の歩みをたどるとともに、地域産業の震災からの創造的復興と未来に向けた力強い発展を市内外にアピールし、また、地域の将来を担う子ども達が、ふるさといわきに誇りと希望を抱いて成長できるよう、多様な産業の紹介や体験等を行う機会を設けます。  10月
(2日間程度)
24 いわきを繫ぐプロジェクションマッピング(※) 市内の大型公共施設等でのプロジェクションマッピングの開催により、本市の半世紀の歩みを振り返りその魅力を再発見するとともに、情報の発信による交流人口の拡大により地域活性化を図り、さらには市民の一体感を醸成し、将来に向けた絆を深めます。  10月~12月

 (※)の事業は、27年5月に開催した「50周年記念事業プレゼン大会」の入賞提案に基づく事業です。 

郷土愛:郷土・故郷への誇りと愛着心を高め、その思いを未来へ引き継ぐ。

予定事業

No. 事業名称 事業概要 実施時期
25 "いわきの今昔"地域画像等の収集・保存事業 いわきのまちの姿や人々の暮らし、風景の移り変わり、更には、震災や復興の状況等が記録された映像や画像等を収集・保存するとともに、ホームページで紹介している「いわきの今昔」コンテンツを拡充し、これらの貴重な資料を広く市民等に公開します。 通年
26 伝えたい誇れるいわき醸成事業 いわきが誇る歴史・文化・伝統等を見出し、学び、PRし、後世へつないでいくことを通して、郷土愛・ふるさとの誇りを育み、本市の次代のまちづくりを担う人材を育成するため、歴史学習資料の発行や地域学講座を開講します。 通年
27 植樹祭開催事業 森林に対する理解や関心を深め、森林(もり)づくりへの意識醸成を図り、緑豊かな郷土を将来世代に引き継いでいくため、植樹祭を開催します。 6月
(1日間)
28 都市緑化まつり 官民が一体となって本市の貴重な緑を守り、育て、後世に伝えていくことの大切さを市内外に広く伝えるため、緑化に関連する催しを開催します。 9月17日~18日
29 いわきの歴史展 本市の魅力を再発見してもらうことを目的に、本市の歴史と文化を振り返る3つのテーマ(江戸・民俗・人物)からなる企画展等を開催します。 9月~11月
30 いわき市歌普及事業 市制施行50周年を機に、より広く市民に親しまれ愛される市歌とするため、式典で合唱を行うほか、市歌の普及促進に向け、音源の収録及びCDの制作などを行います。 10月(披露)
31 磐城平城復元「一夜城」プロジェクト(※) 地域の歴史を再認識し、郷土愛の醸成、地域に対する誇りを喚起するため、平まちなか復興まちづくり計画推進プロジェクトチームが中心となり、10月1日に磐城平城跡地において平城を「一夜城」として復元・再現します。また、平城跡地を舞台に、様々な季節イベントを展開します。 4月~10月
(一夜城は10月1日)
32 50周年記念誌の編集・発行 市の歴史、文化、市制施行50年のあゆみ、震災からの復興の姿を、市民や関係者の声、写真、統計データなどを交えて記録する記念誌を編集・発行します。 10月
(発行)
33 50周年映像記録の制作・配信 50周年記念誌の発行に合わせて、市制施行50年のあゆみや震災からの復興の姿、そして市の持つ様々な魅力を内外に伝えるための映像(DVD)を制作・配信します。 10月
(発行)
34 原動機付自転車等に係るオリジナルナンバープレート作成交付事業 市に対する愛着を深めてもらうとともに、震災からの復興を遂げるいわき市の魅力をPRし、更なる観光振興やイメージアップを図るため、原動機付自転車等に係るオリジナルナンバープレートを作成、交付します。 10月~
(交付)
35 いわき市議会発足50周年記念誌の発行 市議会発足50周年の節目の年を迎えるに当たり、これまでの50年を振り返り、議会活動の経過、特に近年の議会改革の経過等、いわき市議会活動記録をまとめた記念誌を発行します。 11月
(発行)
36 議会報「ほうれんそう」議会発足50周年記念特別号の発行 市議会50年の節目の年を迎えるに当たり、議会への親しみをより一層深めるため、議会報告等に関する通常版とは別に、議会報の歴史などを掲載した議会報「ほうれんそう」の特別号を発行します。 11月
(発行)
37 叙勲者懇談会 例年開催している叙勲者懇談会において、市制施行50周年を記念し、懇談会中に記録映像の上映や受章者のスピーチ等の特別企画を実施します。 2月中旬

 (※)の事業は、27年5月に開催した「50周年記念事業プレゼン大会」の入賞提案に基づく事業です。 

未来・夢・希望:次世代を担う子どもたちの夢や希望を育む。

予定事業

No. 事業名称 事業概要  実施時期
38 議会へ参加してみよう~着て・見て・市議会~ 市議会発足50周年を迎えるにあたり、より市民に身近な開かれた市議会を目指し、「中学生議会」、「アロハ議会」、「議場コンサート」を実施します。  4月~12月
39 新舞子体育施設オープン記念事業 新舞子多目的運動場及び新舞子フットボール場のオープンに合わせ、地域のスポーツ少年団等が参加するソフトボール大会及び少年サッカー大会を記念大会として開催する。また、こけら落としとして、子ども達を始め市民が気軽に参加できるスポーツイベントを開催します。  4月~10月
40 (仮)南部スタジアム人工芝化オープン記念事業 U-15ベースボールワールドカップの会場として、平成27年度末に全面人工芝敷設工事が完了する予定である南部スタジアムのオープンに合わせ、イベントを実施します。  未定
41 U-15ベースボールワールドカップ2016inいわき 国内外に向け本市の姿を広く発信し、さらなる復興への機運を醸成するとともに、本市の子供達にとって野球をはじめとするスポーツ競技人口の拡大、競技力の向上を図る機会を創出するため、野球の国際大会の開催を支援します。  7月29日~
8月7日
42 みらいを描くわかもの創生会議 市の将来を担う高校生世代を対象に、まちづくりについて討論する会議を開催し、まちづくりに関する意識とふるさとへの愛着の醸成を図るとともに、地域の将来を担う若者達の市政参画の機会拡充を図ります。  8月上旬
43 スマイルアートプロジェクト 記念式典に向け、地元の高校生や大学生等が中心となり、子どもたちの笑顔の写真で大型のアート作品を作成します。若者が事業に直接的・間接的に関与することで若年層の祝賀意識の高揚を図るとともに、プロジェクトの推進を通じた市の将来を担う人材の育成を図ります。  10月
(披露)
44 アリオス・バレエシアター2016
(アリオス自主企画事業)
本市でバレエを習う子ども達を主な対象とし、現役のバレエダンサーの指導の下、バレエ作品を創り上げ、その作品を公演します。 バレエを習う子ども達の技術向上を図り、将来の夢を育みます。  3月5日
(公演)

魅力発信:本市の魅力や明るく元気な姿を国内外に向けて発信・アピールする。

予定事業

No. 事業名称 事業概要 実施時期
45 市制施行50周年広報PR事業 市民の機運の醸成や一体感を生み出すとともに、本市のイメージや魅力、認知度の向上を図るため、シンボルフレーズやマークを用いたPRツールや各種媒体による情報の発信を行うほか、地元企業との連携企画の実施や記念事業への市民参画の機会を創出します。  通年
46 いわきの「いいね!」動画コンテスト 本市の様々な地域資源や新たな魅力を発掘・発見し、市民等の「郷土愛」や「満足度」、「一体感」を醸成するため、市民等から広く募集した本市を題材とした動画の入賞作品を、記念事業を主とした各種イベント等での活用を図り市のPRを行います。 決定:28年2月
使用:通年
47 映画「超高速!参勤交代 リターンズ」の応援  平成28年9月10日公開予定の「超高速!参勤交代 リターンズ」を、『映画「超高速!参勤交代 リターンズ」を応援する会』が中心となり、市全体で応援します。応援を通じて、本市の歴史や情報を広く発信するとともに、観光交流人口の回復や地域経済の活性化を図ります。  通年
48 競輪活性化事業(市制施行50周年特別実施) 平成28年度競輪の各開催名に「市制施行50周年」を冠し、節目の年のアピールを行うほか、例年実施しているイベント・ファンサービスを拡充し、競輪事業の更なる活性化と市制施行50周年を迎えた本市の現状を広く内外に発信します。  通年
49 いわき駅の発車メロディご当地化(※) 市民やいわき市を訪れた方々に親しみをもってもらうことや知名度向上を図ることを目的に、いわき市の交通拠点である「JRいわき駅」の発車メロディを、いわき市にゆかりのある音楽に変更します。  10月1日~
50 公開番組放送誘致事業 NHK全国放送公開番組「民謡魂ふるさとの唄」の開催及び放送を通じて、市制施行50周年の周知と祝賀意識の一層の高揚を図るとともに、本市の魅力や明るく元気な姿を対外的に広くPRします。  10月16日

 (※)の事業は、27年5月に開催した「50周年記念事業プレゼン大会」の入賞提案に基づく事業です。 

 ※事業の実施時期等については、変更することがあります。

お問い合わせ

総務部 総務課
電話番号:0246-22-7401
ファクス番号:0246-22-3662