メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成27年10月20日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:14500-7528-1281 更新日:2017年9月11日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成27年10月20日)の様子

1 日時

平成27年10月20日(火曜日) 午前10時45分から

2 場所

第3会議室

3 案件

(1)いわき市認知症あんしんガイドの作成について

(2)認知症カフェ事業「オレンジカフェ以和貴」の開催について

(3)「いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業」の試行的実施について

市長コメント

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、本日の案件は、

  • いわき市認知症あんしんガイドの作成について
  • 認知症カフェ事業「オレンジカフェ以和貴」の開催について
  • 「いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業」の試行的実施についての3件であります。

はじめに、「いわき市認知症あんしんガイドの作成について」と、「認知症カフェ事業『オレンジカフェ以和貴』の開催」につきましては、関連がありますので、一括してご説明いたします。
市では、認知症になっても住み慣れた地域で、安心して生活できるまちづくりを目指して、これまでに認知症サポーター養成講座や認知症を学ぶ講演会の開催、権利擁護・成年後見センターの設置、認知症ケアに携わる多職種研修会の開催など、さまざまな取り組みを実施してきたところであります。
今般、さらなる認知症対策の推進を図るため、認知症に関する正しい知識の普及啓発と、認知症の症状に合わせて提供される医療や介護のサービスの標準的な内容を示す「認知症あんしんガイド」を新たに作成いたしました。
また、認知症の方とその家族を地域で支えるしくみの構築を目的に、専門職による認知症に関する相談をはじめ、認知症の正しい知識の普及啓発やレクリエーション、さらには認知症予防のための簡単な体操などを行う、認知症カフェ事業を実施することといたしましたので、それらの概要についてご説明申し上げるものであります。

次に、「『いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業』の試行的実施について」であります。高齢者の社会参加と地域貢献を奨励・支援し、高齢者自身の社会参加活動を通した介護予防の推進を目的に、市が指定する地域福祉活動やボランティア活動にポイントを付与し、当該ポイントを商品などに交換する、「いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業」を試行的に実施することといたしましたので、その概要についてご説明申し上げるものであります。

本日の案件については以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469