メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(平成26年2月13日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:10010-0000-3835 更新日:2017年9月11日

臨時市長記者会見

発表内容

臨時市長記者会見(平成26年2月13日)の様子

1 日時

平成26年2月13日(木曜日) 午前10時

2 場所

第三会議室

3 案件

  1. 平成26年いわき市議会2月定例会提出案件について

市長コメント

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

本日、皆様にお知らせする案件は、平成26年いわき市議会2月定例会提出案件についてであります。

まず始めに、今回、提案いたします議案について申し上げますと、条例案は、制定が4件、改正が15件、予算案では、2月補正予算が11件、平成26年度当初予算が18件、その他の案件が29件であり、追加提案予定の人事案件1件を含めますと、計78件となっております。
各議案の内容については、後ほど、総務部長から説明させますが、私からは、平成26年度当初予算案の概要について申し上げます。

平成26年度につきましては、復興事業計画期間の4年目となりますことから、東日本大震災からの復興に最優先に取組み、「復興と再生を目に見えるかたち」にするとともに、市民の皆様が将来に希望の持てるまちづくりを進めることが、本市にとって重要であると考えております。
このため、復興・再生後の新たないわきの姿を見据えながら「ふるさといわきの力強い復興の実現に全力で取り組む」「未来のために、明るく元気なまちづくりの推進を図る」「将来にわたり持続可能な行財政運営の確立を目指す」の3点を基本方針として、復興・再生への取組みと財政の健全化の両立を図りながら、年度間の見通しに立った予算を編成いたしました。
また、平成26年度予算は、私にとって、就任後、初めての通年予算であり、「明るく元気ないわき市」の創造に向けた初年度予算と位置づけて、編成いたしました。

具体的な施策といたしましては、これまでの取組みのさらなる推進を図ることにより「復興と再生を目に見えるかたちに」していくため、まず、喫緊の課題である医療、職・雇用、住居、いわゆる「医」「職」「住」及び「子育て」「教育」に関わる課題解消に向けて取り組む主な事業について申し上げます。

まず、「医」につきましては、地域医療の充実を図るため、平成28年度内の完成を目指し、新病院の実施設計及び施工の一括発注を行い、造成工事へ着手することとし、所要の経費を計上しております。
「職」につきましては、産業振興策と雇用対策を一体的に推進するため、引き続き、緊急雇用創出基金事業に取り組むほか、本市が有するものづくり基盤を活かし、新たな産業拠点創出の可能性等についての検討を行う「いわき国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想研究会」を設置することとし、所要の経費を計上しております。
「住」につきましては、住環境の早期の改善を図るため、市街化区域と市街化調整区域の区域区分、いわゆる線引きの見直しに向けた調査等を行うとともに、被災者が災害公営住宅に入居する際の移転費用を支援することとし、所要の経費を計上しております。
「子育て」につきましては、子育て支援の充実を図るため、「出産祝金」制度を創設するとともに、絵本の読み聞かせを通じた親子のふれあいの大切さを伝えるため、赤ちゃんに絵本をプレゼントする、いわゆるブックスタートを開始することとし、所要の経費を計上しております。
「教育」につきましては、教育先進都市の実現を目指し、体験型経済教育施設において、小中学生を対象とした学習プログラムを実施するとともに、小中学校の図書館の蔵書管理や児童生徒への読書指導等を行う学校司書を大幅に増員することとし、所要の経費を計上しております。

次に、「ふるさといわきの力強い復興の実現に全力で取り組む」ための施策といたしましては、引き続き、災害公営住宅の建設や防災集団移転の促進、震災復興土地区画整理の推進を図ることとし、所要の経費を計上しております。また、経済・産業の再生・創造に向けて、引き続き、農林水産物の風評被害対策に取り組むとともに、ふくしまデスティネーションキャンペーンや太平洋・島サミットに向けた取組みなどを行うこととし、所要の経費を計上しております。

次に、「未来のために明るく元気なまちづくりの推進を図る」ための施策といたしましては、「いわき応援大使」を創設し、本市のPR活動等を推進するとともに、情報提供の迅速化や市民の皆様とのコミュニケーションの促進を図るため、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用することとし、所要の経費を計上しております。
また、東京オリンピックを目指し、トップアスリートの養成に向けた取組みを開始するとともに、読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの開催を官民協働で支援するほか、本市を舞台とした映画「超高速!参勤交代」の公開と併せて、本市のPRなどを行うこととし、所要の経費を計上しております。

この結果、一般会計の総額は、1,596億4,306万円となり、復興・再生後の新たないわきの姿を見据え、まちづくり関連予算を15%増額するなど、一言で言うならば、「ふるさといわき元気復興予算」として、メリハリのある予算を編成できたと考えております。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469