メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成27年4月3日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:10010-0000-3807 更新日:2017年9月11日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成27年4月3日)の様子

1 日時

平成27年4月3日(金曜日) 午後1時

2 場所

第三会議室

3 案件

  1. 平成27年度の執行体制等について
  2. 「いわき市市制施行50周年記念事業プレゼン大会」出場者の決定等について

市長コメント

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

本日の案件は、

  • 平成27年度の執行体制等について、
  • 「いわき市市制施行50周年記念事業プレゼン大会」出場者の決定等について
    の2件であります。

はじめに、「平成27年度の執行体制等について」であります。
東日本大震災の発生から4年が経過し、市内では復興の槌音が力強く響きわたり、一歩一歩確実に、復興と再生が進んでいるところであり、今後も引き続き、市民の皆様の安全・安心を最大限に確保し、震災前にも増して活力に満ちあふれた、「明るく元気ないわき市」の創造に向け、各種施策に取り組んでいく必要があります。
とりわけ、平成27年度は、市復興ビジョンに掲げる復興期の最終年度にあたる極めて重要な年となることから、復興事業への取組みをさらに加速させるとともに、本市の将来に向けたまちづくりを着実に推進していくことが求められています。
このようなことを踏まえ、平成27年度の定期人事異動においては、職員の持つ知識、能力、経験等を最大限に活かすとともに、若手職員や女性職員の登用に意を用いて、能力主義、適材適所主義を基本に据えた人事異動を実施いたしました。
今後におきましても、市民の皆様一人一人に、さらなる勇気や元気を宿すような「心の復興」にも意を用いながら、ふるさといわきの力強い復興と再生の実現を目指して、全身全霊をかけて取り組んで参りますので、よろしくお願い申し上げます。

次に、「『いわき市市制施行50周年記念事業プレゼン大会』出場者の決定等について」であります。
平成28年度に、市制施行50周年記念事業を実施するにあたり、広く市民の皆様の提案を反映するため、記念事業の企画アイデアを募集しましたところ、96件の応募をいただきました。
12歳の小学6年生から74歳の方までの幅広い年齢層の皆様および各種団体の皆様から、市民参加型のイベントなどを中心に、創意工夫を凝らした斬新なアイデアを多数お寄せいただきましたこと、改めて感謝申し上げます。
このたび、厳正なる一次審査を行い、5月16日のプレゼン大会に出場していただく15組が決定しましたので、プレゼン大会の詳細と併せてお知らせいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469