メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成27年2月17日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:10010-0000-3805 更新日:2017年9月11日

市長記者会見

発表内容

市長記者会見(平成27年2月17日)の様子

1 日時

平成27年2月17日(火曜日) 午前10時

2 場所

第三会議室

3 案件

  1. いわき市津波被災住宅再建事業補助金に係る制度拡充について
  2. 見せる課 水産編  TVCM第二弾の放映について

市長コメント

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、本日の案件は、

  • いわき市津波被災住宅再建事業補助金に係る制度拡充について
  • 見せる課 水産編 テレビCM第二弾の放映について

の2件であります。

はじめに、「いわき市津波被災住宅再建事業補助金に係る制度拡充について」であります。
本事業は、県市町村復興交付金を財源とし、平成25年8月に創設したもので、東日本大震災により津波被災した地域の持家住宅に居住していた方を対象とし、その住宅再建に係る支援をするため、これまで「住宅の建築又は購入に係る借入金の利子」、「移転費用」及び「津波被災区域における宅地の嵩上げ工事費」の助成を行って参りました。
しかしながら、地価の高騰の中、新しい宅地を購入する事例や、被災時に同居していなかったため、本事業の補助対象外になってしまい制度を活用できない事例が生じておりました。
そこで、この問題に対応し、「住宅用地を取得する場合の借入金の利子」についても、補助対象に加えるとともに、補助対象者についても、被災時に持家住宅に同居していた親族に限らず、「持家住宅に居住していた方のために住宅再建をした親族も含める」こととし、今般、制度を拡充することとしましたので、お知らせするものです。

次に、「見せる課 水産編 テレビCM第二弾の放映について」であります。
平成25年10月より、いわき市の沿岸海域で開始された試験操業は、本格操業に向けて、魚種と海域に加え、出荷先も拡大しながら継続されております。
この度「いわき見える化プロジェクト"見せます!いわき"」の一環として、漁業者や流通関係者などの本格復興に向けた
確かな歩みを伝える「見せる課 水産編 テレビCM」の第二弾を制作し、明日2月18日から、県内テレビ局で放映いたしますので、お知らせするものです。

本日の案件については以上でありますが、詳細につきましては、担当部長からご説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。
なお、2月8日に無事開催することが出来ました「第6回いわきサンシャインマラソン」につきまして、この場をお借りしまして、お礼を申し上げたいと思います。
当日は、全国各地から過去最高となる合計8,786人のランナーの皆さんに参加いただき、いわきの魅力、そして、大震災から復興している元気、底力を感じていただけたものと考えております。
また、当日は、午後からの雨模様の中、ずぶ濡れになりながら2,500名を超える関係者やボランティアスタッフの皆様に
献身的に業務に従事いただき、心から感謝申し上げます。
来年以降も、市民の皆様と一丸となって、全国からのランナーを心からおもてなしし、この大会を盛り上げて参りたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469