メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

公的個人認証サービスの電子証明書の失効と更新について

問い合わせ番号:10010-0000-3059 更新日:2016年2月12日

有効期間満了に伴う電子証明書の失効にご注意ください

有効期間

公的個人認証サービスの電子証明書の有効期間は、住民基本台帳カードは発行の日から3年間、マイナンバーカード(個人番号カード)は発行の日から5回目の誕生日までです。失効すると、インターネットを利用した国税の電子申告などの電子申請・届出に使用できなくなりますのでご注意ください。
引き続き電子証明書をご利用いただく場合は、有効期間満了日の3ケ月前から更新手続きが行えます。また、失効となった場合でも、改めて新規の申請を行うことにより、新しい電子証明書を取得することができます。
どちらの場合も、新規の申請と同様の手続きが必要です。(注:有効期間は、住民基本台帳カードは発行の日から3年間、マイナンバーカードは発行の日から5回目の誕生日となります。)

有効期間を確認するには

カードの券面に記載されている有効期間は、カードの有効期間であって電子証明書のものではありません。電子証明書を発行した際にお渡しした「電子証明書の写し」や公的個人認証サービス利用者クライアントソフトの「証明書表示ツール」によりご確認ください。

お問い合わせ

市民協働部 市民課
電話番号:0246-22-7445
ファクス番号:0246-22-7564