メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

高校生就職支援事業等について

問い合わせ番号:10010-0000-2919 更新日:2019年3月23日

高校生就職支援事業

1 実施の目的

高校生のキャリア形成に対する意識を高め、就職に向けた意識の向上と地域で働く意識の醸成、就職後の早期離職の減少を図ることを目的に、市内高校1・2年生を対象として、資質の向上や基礎的な実務能力の付与に向けた就職支援講座及び市内企業の見学及び職業訓練体験を実施するものです。(平成15年度から実施)

2 事業内容

(1)「いわきの“職”体感ツアー」(企業見学)

企業見学及び職業訓練の実務体験を通して、職業に関する興味と就業意識の醸成を図ります。

 【参加者数】
 平成30年度 10校 1,099人
 平成29年度  8校   918人
 平成28年度  9校 1,000人

 <本年度事業実施の様子>
 kenngaku001
       (株式会社ドーム)  

 kenngaku002
           (福島さくら農業協同組合)  

 kenngaku003
                (中央卸売市場)

(2)「仕事人の話を聞いてみよう」(職業講話)

各業界で活躍している「仕事人」を講師に、この道に入ったきっかけ、仕事のやりがいや喜び、また失敗談や苦しいことなど、仕事にまつわる様々なエピソードを話してもらい、高校生に様々な職業への興味を持ってもらうものです。

 【参加者数】
 平成30年度  8校 1,033人
 平成29年度  9校 1,072人
 平成28年度  9校 1,078人
 

 <本年度事業実施の様子>
 hanasi001
       (株式会社みよし) 

 hanasi002
  (アルパインマニュファクチャリング株式会社)  

 hanasi003
                (東新工業株式会社)

(3)「就職への道案内」(適職診断)

キャリアカウンセラーを講師に、労働市場の現状や働くことの意義などに関する講座を行うとともに、併せて適職診断の実施・解説を行い、自分にあった職業の見つけ方を学ぶものです。

 【参加者数】
 平成30年度  4校   422人
 平成29年度  実施せず
 平成28年度  3校   385人 

 <本年度事業実施の様子>
 michi001
       (勿来工業高等学校) 

 michi002
               (勿来工業高等学校)  

 michi003
                 (小名浜高等学校)

(4)「保護者向け説明会」

高校生が就職活動を行う上で、保護者の理解やサポートは欠かせないことから、就職活動を控えた保護者を対象に、「就職活動の現状」や「企業が求める人材」、また「家族によるサポートのあり方」や「地元で働く意識の醸成」などに関するセミナーを実施し、高校生のより良い「就活」や「進路」を後押しするため実施するものです。

 【参加者数】
 平成30年度  1校   402人
 平成29年度  2校   715人
 平成28年度  1校   508人  

 <本年度事業実施の様子>
 hogo001
      (平工業高等学校)

3 対象者

事業の実施を希望する市内高等学校の1・2年生
注:年度当初に行う実施意向調査の結果をもとに、実施校を決定します。

高校生と保護者のための地元企業説明会

1 実施の目的

高校生に対する地元企業への理解促進及び地域における就職促進のほか、早期からの職業意識の醸成を図ることを目的として、高校1・2年生及びその保護者を対象に、地域の産業、企業の実態等について企業担当者等から直接話を聞く機会を設ける地元企業説明会を実施するものです。平公共職業安定所(ハローワーク平)、福島県との主催で、平成24年度から実施しています。

2 事業内容

【参加者数等】
 平成30年度
 開催日  平成31年3月18日・19日
 開催場所 いわき産業創造館
 参加者数 430人(高校生とその保護者)
 参加企業 延48社

 平成29年度
 開催日  平成30年3月5日・6日
 開催場所 いわき産業創造館
 参加者数 684人(高校生とその保護者)
 参加企業 延48社

 平成28年度
 開催日  平成29年2月23日・24日
 開催場所 いわき市文化センター
 参加者数 672人(高校生とその保護者)
 参加企業 延48社

<本年度事業実施の様子>
0001

0002

0003

0004

お問い合わせ

産業振興部 商業労政課
電話番号:0246-22-7476
ファクス番号:0246-21-0892