メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

住宅用火災警報器を設置しましょう!

問い合わせ番号:10010-0000-2524 更新日:2017年10月12日

消防法及びいわき市火災予防条例により、平成23年6月1日から、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

未設置のお宅は、火災から命と財産を守るために、早期に設置しましょう!

よくある質問

住宅用火災警報器とは?

住宅の火災により発生する煙(又は熱)を自動的に感知し、警報ブザーや音声により火災の発生をいち早く知らせ、避難をうながす機器です。なお、下の図は、天井につけるタイプ(左側)と壁にかけるタイプ(右側)になります。

天井型壁掛け型

どうして義務付けられたの?

  1. 住宅火災で、逃げ遅れによる死者が急増しています。しかも、死者の半数以上が高齢者です。
  2. 「住宅火災による死者数」は、建物火災による死者数の約9割を占めます。
  3. 「住宅火災による死者」の約7割が、逃げ遅れによるものです。

以上の1、2、3から、住宅において、火災を早期に発見し、早く逃げることができるように、住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

外国の事例

  • アメリカでは、火災警報器を設置義務化し、普及促進して、この21年間で、死者数は約5割減りました。
  • イギリスでは、火災警報器を設置義務化し、普及促進して、この13年間で、死者数は約4割減りました。

住宅用火災警報器は、あなたと、あなたの大切な人の生命を守ります。

どのような住宅に設置するの?

一般住宅、アパート、マンション、長屋、その他店舗併用住宅など、人が住んでいる建物です。
なお、すでにスプリンクラー設備や自動火災報知設備が設置してある建物には、住宅用火災警報器が免除されることがあります。

いつから設置が義務付けられるの?

  • 新築住宅は、平成18年6月1日から設置が義務付けられました。(消防法)
  • 既存住宅(すでに建っている住宅)については、平成23年6月1日から設置が義務付けられました。(いわき市火災予防条例)

誰が設置するの?

住宅の関係者(所有者、管理者又は占有者)と定められています。
持ち家の場合は、その所有者が、アパートや賃貸マンションなどの場合は、オーナーと借受人が協議して設置することなります。

どの部屋に設置するの?

  • 寝室(普段就寝している部屋のことで、来客が就寝するような部屋は除きます。)
  • 階段
    就寝に使用する部屋がある階の階段に設置します。(ただし、就寝に使用する部屋が、避難階(1階など容易に避難できる階)のみにある場合は除きます。)
    また、3階建て以上の場合には、住宅用火災警報器を設置しない階で、就寝に使用しない居室が2階以上連続する場合、住宅用火災警報器を取り付けた階から2階離れた居室のある階の階段に設置します。
  • 廊下
    住宅用火災警報器を設置する必要の無かった階で、7平方メートル(4畳半)以上の居室が5以上ある階には、廊下に住宅用火災警報器の設置が必要です。

注:詳細は早見表をご覧ください。

部屋のどの場所に設置するの?

天井に取り付ける場合

天井に取り付ける場合

住宅用火災警報器の中心を壁から60センチメートル以上離します。はりなどがある場合は、はりから60センチメートル以上離します。

壁に取り付ける場合

壁に取り付ける場合

天井から15センチメートルから50センチメートル以内に、住宅用火災警報器の中心がくるようにします。

その他の注意点

注意点

換気扇やエアコンなどの吹き出し口から1.5メートル以上離します。

住宅用火災警報器にはどのような種類があるの?

種類

煙式と熱式があります。

煙式

煙を感知し、音声やブザーで知らせます。設置場所は、寝室、階段、廊下などです。
光電式とイオン化式がありますが、寝室と階段には光電式を設置してください。

熱式

熱を感知し、音声やブザーで知らせます。設置場所は、台所などです。
注:台所への設置義務はありません。いわき市火災予防条例(第29条の7)では、台所への設置に努めるように規定されています。

電源

電池式とコンセント式(AC100ボルト)があります。
電池式は、電池切れの警報または表示があった場合は、電池を交換してください。

悪質な訪問販売及び電話勧誘等にご注意!

  • 住宅用火災警報器の設置義務化を逆手にとり、不適切な価格(市場の価格を大幅に超える高額)で販売を行う業者にご注意ください。
  • 消防職員が、個人宅を訪問し、住宅用火災警報器の販売をすることはありません。
  • 訪問販売では、クーリングオフ制度が認められています。契約書を渡された日から8日以内であれば、書面で契約を解除できますので、契約書や領収書などを確実に保存し、早急に「いわき市消費生活センター(電話番号:0246-22-0999)」へご相談ください。
    (なお、3000円未満の現金取引の場合は、クーリングオフはできません。)

NSマーク

  • さまざまな機種が市販されていますが、日本消防検定協会の認証マークが付いているものを選びましょう。
    (消防法令に定める規格に適合した製品には日本消防検定協会の認証マーク「NSマーク」が付いています。)

市内の住宅用火災警報器の奏功事例

市内の住宅用火災警報器の奏功事例(住宅用火災警報器等の設置により、初期消火の成功や死者発生を防いだ実例)の情報を別なページに掲載しております。下のリンクよりご覧ください。

住宅用火災警報器に関する問い合わせ先

住宅用火災警報器に関するご質問などは、次のところまで、お気軽にご相談ください。

消防本部予防課

電話番号:0246-24-3941

最寄りの消防署

  • 平消防署 電話番号:0246-23-9700
  • 小名浜消防署 電話番号:0246-92-5171
  • 勿来消防署 電話番号:0246-63-2248
  • 常磐消防署 電話番号:0246-43-2080
  • 内郷消防署 電話番号:0246-26-3596

住宅用火災警報器相談室

フリーダイヤル 電話番号:0120-565-911
受付時間:月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで(午前12時から午後1時までを除く。)

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944