メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

「アウトソーシング推進に関する基本指針」及び「アウトソーシング実施計画」の策定について

問い合わせ番号:10010-0000-1591 更新日:2016年1月11日

市では、アウトソーシング推進に当たっての基本的な考え方を取りまとめ、市民の皆様のご理解とご協力を得ながら取組みを進めていくことにより、新・市総合計画後期基本計画が掲げる「成果を重視した行財政運営」という目的の達成等に資するため、「アウトソーシング推進に関する基本指針」を策定しました。
また、着実にアウトソーシングを推進していくため、基本指針に基づき、市がアウトソーシングを推進するための具体的な取組み内容をとりまとめたアクション・プログラムとして「アウトソーシング実施計画」を策定しました。

「アウトソーシング推進に関する基本指針」及び「アウトソーシング実施計画」については、添付ファイルをご覧ください。

1 基本指針の概要

(1)アウトソーシングの定義

市職員が直接執行している事務・事業等を外注化すること及び嘱託職員や再任用職員等の活用による業務の再構築を行うこと。

(2)推進の目的

  • 新・市総合計画後期基本計画の目標達成
  • 業務の再構築
  • 市民と行政の協働の推進

(3)推進の基本的な考え方

  • 民間活力の活用
  • 業務執行の効率化
  • 市民と行政の協働の推進
  • 適切な行政責任の確保

(4)推進の視点

  • サービス水準の維持向上
  • コスト削減
  • 業務の再構築
  • 市民協働の推進

(5)重点的に推進すべき主な事務・事業等

  • 施設の管理運営に係る事務・事業等
  • 嘱託職員や再任用職員等の活用により業務の再構築が図られる事務・事業等
  • 関係団体等に委託することにより自治意識や共同意識が醸成・高揚される事務・事業等

(6)実施計画の策定

アウトソーシングを推進するための具体的な取組み内容を取りまとめたアクション・プログラムとして実施計画を策定する。

  • 事務・事業の内容・効果・方法・委託先等
  • 推進期間の設定
  • 進行管理の手法

(7)留意事項

  • 契約等に当たっての留意事項
  • 定期的な検証・評価体制の検討

2 実施計画の概要

(1)推進期間

平成24年度から平成26年度までの3年間(注)
注:新・市総合計画実施計画の計画期間との整合を図るため、毎年度ローリング方式により必要な見直しを実施する。

(2)位置づける事務・事業等

18項目

  • 平成24から26年まで度の間に実施するとした項目 10項目
  • 平成27年度以降に実施するとした項目 8項目

お問い合わせ

総務部 職員課
電話番号:0246-22-7403
ファクス番号:0246-22-7617