メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ひとり親家庭などの医療費助成

問い合わせ番号:10010-0000-0203 更新日:2017年11月16日

助成内容

ひとり親家庭等医療費の助成は、ひとり親家庭の親と児童、または父母のいない児童に対して、医療費の保険診療分の自己負担額のうち、同一受診月ごとに世帯の全員がかかった医療費の合算が1,000円を超えた金額を助成しています。
保険が適用されない分(健康診断、予防接種、差額ベッド代、容器代、総合磐城共立病院における時間外診療加算料等)は助成対象外です。

助成対象者

各医療保険に加入しており、ひとり親家庭の親及び扶養義務者(注)の前年の所得が一定限度額以内の次の方

  • ひとり親家庭の親及び18歳未満(高校生の場合は、18歳になった学年の年度末まで)の児童
  • 父母のない18歳未満(高校生の場合は、18歳になった学年の年度末まで)

(注)扶養義務者とは、直系血族及び兄弟姉妹のうち、ひとり親家庭の親と児童、または父母のいない児童と生計を同じくする方をいいます。

助成を受けるための手続き

助成を受けるためには、あらかじめ登録をしていただく必要があり、印鑑と助成を受けられる方全員の健康保険証、ひとり親家庭の親及び扶養義務者(注)の方の所得額課税額証明書、医療費の振り込み先となる預金通帳、ひとり親家庭・父母のいない児童であることが確認できる書類が必要となります。
なお、手続きなど詳しくは、居住地の地区保健福祉センター・支所(ただし、内郷支所は除く。)にお問い合わせください。

医療費助成申請書様式

受給者の方が、ひとり親家庭等医療費の助成申請をする際に、特別な事情等により正式な申請用紙の入手が困難な場合に限り、次のダウンロードファイルの様式を使用してください。
なお、平成27年1月診療分以降は一医療機関でのひと月の自己負担額が21,000円を超える場合は、同意書(注)も記入・押印のうえ、助成申請書に添付して申請してください。
(注)同意書:平成27年1月以降の助成額算定にあたり、控除すべき高額療養費支給額及び所得区分を保険者に照会する際に必要になるものです。

お問い合わせ

保健福祉部 保健福祉課
電話番号:0246-22-7451
ファクス番号:0246-22-7590