メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市長室 > 市長メッセージ・コメント >市長メッセージ~【園児の命は守る!】かなや幼稚園で通園バスの安全点検~(令和4年9月29日)

市長メッセージ~【園児の命は守る!】かなや幼稚園で通園バスの安全点検~(令和4年9月29日)

更新日:2022年9月30日

市長メッセージ~【園児の命は守る!】かなや幼稚園で通園バスの安全点検~

いわき市は、園児の命を守るようしっかり、安全の再点検を進めます。

本日、私と担当部局の職員で、かなや幼稚園で点検してまいりました。

 

<かなや幼稚園の安全点検の様子>

以下のような流れで点検が進められており、スムーズかつ慎重に確認がなされていました。

こうした6重チェックは参考になります。

 

【6段階のチェック】

  1. 運転手による人数・降車漏れがないかの確認
  2. 添乗員(職員)も人数・降車漏れの確認(1のダブルチェック)
  3. 各園児のカバンについたQRコードで入園チェック(→保護者へ自動通知)
    玄関前担当職員がQRコードで登園チェックした園児名と「バス乗車名簿」を照合し確認
  4. 担任が当日の全園児数をQRコードでチェックしたデータと当日の連絡表で照合し確認
  5. 各保育室で、職員が園児へ点呼、人数確認
  6. 送迎終了後駐車されているバスの中に園児がいないか、遅番の職員が出勤前に目視で確認

 

上記に加え、バス内には残された園児用の高音防犯ブザーを設置。

また、園児がクラクションを鳴らす訓練も実施。

 

<市内の幼稚園・保育所・認定こども園の状況>

市内全体の幼稚園、保育所、認定こども園は合計103園です。

うち、バスの送迎は42園あります。

そのうち、このたびの調査で、(1)マニュアル未策定は10園、(2)ヒヤリハット事例ありが10園、ありました。

 

これから以下のようにします。

(1)マニュアル策定について

未策定園には、年内末までに策定を進めます。

策定済みの園にも、他園のヒヤリハット事例を踏まえて、見直すべき場合は年末までに見直しを促します。

(2)ヒヤリハット事例について

市内にも、以下のようなヒヤリハット事例がありました。10月上旬までに整理して、その事例を周知します。

(事例)

  • 帰宅時、乗せる必要がない園児をバスに乗せてから、気づいて降ろした。
  • 帰宅時、1名乗せるのを忘れそうになって、気づいた。
  • 登園時、久しぶりに出席予定の園児がいる停留所をそのまま過ぎそうになり、気づいてもどった。
  • バス内から園児が手を出した
  • 園児がバス内を走りだした
  • 登園時、職員よりも先に園児が走って外に出た など

(3)今後の対応(実地点検)

これから年末にかけて、42園へ職員が県の私学部署とも連携して出向き、実地点検を行います。

マニュアルの状況や安全確認の状況を、国が今後示す点検項目等をもとにチェックします。

国は、安全装置の配備の検討を進めています。

それで足りるのかを含めて、今後、現場を点検しつつ検討していきます。

 

 令和4年9月29日

                                 いわき市長 内田 広之

お問い合わせ

こどもみらい部 こども支援課
電話番号:0246-22-7454
ファクス番号:0246-22-7554

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?