メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き >「行革甲子園2022」の審査結果について

トップページ > くらし・地域 > まちづくり >「行革甲子園2022」の審査結果について

「行革甲子園2022」の審査結果について

更新日:2022年8月30日

 愛媛県で開催された「行革甲子園2022」において、本市の取組みを発表しました。

1 「行革甲子園2022」当日の内容

日 時:令和4年8月26日(金) 12時半~17時
場 所:愛媛県松山市 松山市民会館
出席者:愛媛県知事、全国の自治体職員、審査員等
次   第:【事例発表・審査・表彰】
     ・書類審査を通過した8団体による
プレゼンテーション
     ・審査員(6名)による審査

      【特別講演】※事前録画
       講演者:オードリー・タン台湾デジタル担当大臣
       内 容:台湾のデジタル化の取組みについて

2 審査結果について

グランプリ :栃木県茂木町
       『地方公務員が一般社団法人を設立して町の財源を生み出す@栃木県茂木町
        ~20年後の子どもたちに住みよい環境を創るため~』

審査員特別賞:鳥取県日南町
       『脱炭素で地域事業者のサステナブル経営を後押しするSDGs未来都市の挑戦』

優  秀  賞 :福島県いわき市
       『いわき版MaaS推進プロジェクト「行政MaaS」
        ~出張行政サービス「お出かけ市役所」の取組み~』

                        山形県山形市、群馬県前橋市、神奈川県座間市、愛媛県西予市、大分県別府市

お問い合わせ

総合政策部 スマート社会推進課
電話番号:0246-22-7473
ファクス番号:0246-22-7460

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?