メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 生活保護 >「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給方法の変更について

トップページ > 福祉・こども > 福祉に関するその他の情報 >「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給方法の変更について

トップページ > 福祉・こども > 地域福祉 >「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給方法の変更について

「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給方法の変更について

更新日:2022年6月1日

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方が速やかに生活・暮らしの支援を受けられるようにすることを目的に、令和3年度分住民税非課税世帯及び課税世帯のうち令和3年度中の収入が住民税非課税世帯相当に減少した世帯(家計急変世帯)を対象に、1世帯あたり10万円の「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」を支給していますが、家計急変により受給資格があるにもかかわらず、申請がないことにより受給できていない世帯に対して、令和4年度課税情報を活用し、令和4年度に新たに住民税が非課税となった世帯に対してもプッシュ型給付等を行います。

 

対象世帯

(1)令和4年度に新たに住民税(均等割)が非課税となった世帯(プッシュ型給付)

 令和3年12月10日以前から本市に世帯全員の住民票があり、世帯全員の令和4年度分住民税均等割が非課税であり、当該給付金が未支給の世帯

 ※令和3年12月11日以降に転入した方がいる世帯については、申請が必要となります。
 ※住民票上の世帯全員が、住民税が課されている他の親族の所得税法上の扶養控除の対象となっている場合は支給対象外となります。

(2)家計急変世帯(申請必要)

 令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、世帯全員が住民税非課税相当となった世帯(家計急変世帯)

 ※申請をいただき、令和4年1月以降の1年間の収入見込額又は所得見込額により判断(令和4年1月から9月までの任意の1か月の収入から年間の見込額を推計して判定)することにより支給対象となります。

支給額

 1世帯あたり 10万円

申請手続き及び支給時期(予定)

 令和4年6月1日時点で、市内に住民票のある上記(1)の対象世帯の世帯主に対し、6月中旬から「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」を順次郵送しますので、必要事項を記入し返送してください。内容を確認の上、7月上旬から支給を開始する予定です。
 また、上記(2)は申請が必要となります。詳しくは下記コールセンターまでご相談ください。

申請期限

 令和4年9月30日(金)必着

 ※令和3年度の住民税非課税世帯のうち確認書を返送されていない世帯についても、引き続き申請を受け付けています。

お問い合わせ先

いわき市臨時特別給付金コールセンター
電  話 0120-100-944
対応時間 午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く。)

 

お問い合わせ

保健福祉部 保健福祉課
電話番号:0246-22-7451
ファクス番号:0246-22-7590

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?