メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 住まい > 住宅・建築 >災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」について

トップページ > 防災情報サイト > 令和4年3月16日福島県沖地震関連情報 >災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」について

令和4年福島県沖地震における「住宅の応急修理制度」について

更新日:2022年4月20日

・申込受付は令和4年11月15日(火)に終了しました。

・工事完了報告書等は、令和4年12月15日(木)までに提出してください。

 令和4年3月16日に発生した「令和4年福島県沖地震」により、住宅が準半壊、半壊、中規模半壊又は大規模半壊した世帯に対し、災害救助法に基づき、被災した住宅の日常生活に必要な最小限度の部分を応急的に修理する「住宅の応急修理制度」について。

1 対象となる方

以下の全ての要件を満たす者(世帯)が対象となります。

(1) 災害救助法が適用された日(令和4年3月16日)に本市に居住する者であること。
(2)  「大規模半壊」、「半壊」又は「一部損壊(準半壊)」の被害を受けたこと。
ただし、「全壊」の場合でも、応急修理を実施することにより居住が可能となる場合は、対象となります。
※ 市が発行するり災証明書が必要となります。
(3)  住宅の応急修理が必要な者(世帯)であること。
※ 応急修理が完了しても、修理費用の支払い前であれば申請は可能です。
(4)  「中規模半壊」、「半壊」または「一部損壊(準半壊)」の住宅被害を受けた者(世帯)については、世帯の収入状況、資力が不足する理由を記載した「資力に関する申出書」の提出により、自らの資力では修理できないことが確認できること。
 

2 応急修理の内容

(1) 応急修理の範囲

 対象範囲は次の4項目のうちから、日常生活に必要欠くことのできない部分であって、緊急かつ応急的に行う修理をとなります。

 (1) 屋根、基礎、柱はり、外壁、床等
 (2) ドア等の開口部(外部周りや生活に最小限必要な箇所)
 (3) 電気、ガス、上下水道等の配管、配線
 (4) トイレ等の衛生設備

(2) 基本的な考え方

 (1) 地震の被害と直接関係のある応急修理のみが対象です。
 (2) 内装に関するものや家電製品の修理・交換は原則として対象外です。
    ※ ガスコンロ、シャワートイレ等は家電製品のため対象外となります。
 (3) 住宅被害を受けていても、残った部分において日常生活が可能であると認められる場合の当該部分に関する工事は対象外です。
 (4) 応急修理を実施する業者について、業者の指定はありません。

3 基準額

 (1) 一世帯あたりの限度額は次のとおりです。
  59万5千円以内(一部損壊(準半壊)は、30万円以内)

 (2) 同一住宅(1戸)に2以上の世帯が居住している場合でも、上記(1)の一世帯あたりの限度額以内となります。
※2世帯住宅で、実質的に世帯ごとに生活の場が分かれていれば、それぞれの世帯から申込みが可能となる場合があります。
(住民票、公共料金の分離状況や、玄関、台所、浴室、便所等の実態から判断します。)

※原材料費、労務費及び修理事務費等の経費、消費税含む。
※市が修理業者へ直接支払います。

 

書類の提出について

1 受付期間 

 (1) 申    込 :令和4年11月15日(火)まで ※申込みは終了しました。

 (2) 工事完了報告 :令和4年12月15日(木)まで ※状況により今後も延長する場合があります。

2 受付場所・時間

  市役所本庁7階 建築指導課 9:00~17:00     

  ※受付は、平日のみとなります。

3 申込方法

 申込み時の提出書類は、「住宅応急修理申込書」、「り災証明書(原本)」、「住民票(写しでも可)」、「施工前写真(後日提出も可)」です。
 り災判定が「半壊」又は「一部損壊(準半壊)」の場合、「資力に関する申出書」が必要となります。
 なお、手続きの流れ等については、次のファイルをご参照ください。

4 その他の注意点

 ・掲載している情報は今後変更する場合があります。

 ・申請をするには「り災証明書」が必要ですので、制度の利用を検討されている方は、「り災証明書」の申請を進めてください。 

 ・原則着工前に申請が必要ですが、早急に修理が必要な場合は、必ず施工前、施工中、施工後の写真を撮影してください。 

 ・応急修理は、市が業者に直接工事代金を支払う制度です(現物支給)。業者へ工事代金の支払いが完了してしまうと、制度を利用することができませんので、ご注意ください。

 

【住宅の応急修理制度に伴う住民票の取得について】

 住民票を取得する際には、窓口で本制度に利用する旨をお伝えの上、「り災証明書の原本(準半壊以上のもの)」を提示することにより、発行手数料が免除になります。

※代理申請(世帯員以外)の場合は「委任状」が必要になります。

5 提出書類のダウンロード

提出書類

記入例

修理業者の方へ

 

お問い合わせ

市役所本庁舎7階 建築指導課
電話番号:0246-38-5042

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?