メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 水道局 > トピックス >いわき市水道局の水管橋の点検結果について

トップページ > 水道局 > お客様へ >いわき市水道局の水管橋の点検結果について

いわき市水道局の水管橋の点検結果について

更新日:2021年11月2日

  本市では、和歌山市の水管橋落下事故を受け、緊急に次の水管橋の点検を実施しましたが、その結果は次のとおりです。
  なお、本市には、和歌山市と同様の水道管を吊った形式(ランガー形式)の水管橋はありません。
 

1 点検箇所数

    水道管単独の水管橋168箇所のうち、断水などにより市民生活への影響が大きい口径30cm以上の水管橋104箇所
※ 橋梁に添架している水道管(橋梁の桁と桁の間など内部に架設している水道管)は除く。

 

2 主な点検事項

   「水道施設の点検を含む維持・修繕の実施に関するガイドライン(厚生労働省:令和元年9月)」に基づく点検項目に沿って点検を実施しました。

 ⑴ 水管橋本体(水道管及び補剛構造)の状況
   漏水の有無、管を支持する補剛材、外面の塗装状況、変形及び腐食など
   ⑵ 付属物
         空気弁、地震時等の揺れ対応の伸縮管、侵入防止柵の状態など
   ⑶ 橋台、橋脚
         コンクリートの状態(クラック、剥離など)、沈下、傾きなど
 

3 点検結果

      全104箇所のいずれも、直ちに対応を必要とする水管橋はありませんでした。
      点検項目に基づく評価は次のとおりです。

  ⑴ 現状では問題なし 73箇所
  ⑵ 経年劣化が確認され、今後の継続監視が必要 31箇所

      ・31箇所のうち4箇所
   点検時にサビを防止するための防食テープ内部から水滴が落ちていました。
   このことから、漏水防止の器具により対応し、現在、水滴は発生していません。

  ・31箇所のうち27箇所
   経年劣化による塗装の剥離やサビなどが確認されたことから、順次、対応していきます。


 

4 今後の対応

  今回点検した水管橋のうち、直ちに対応を必要とする箇所はありませんでした。

  また、残りの口径30cm未満の水管橋64箇所についても点検を実施しているところであり、今後も従前どおり月1回の施設巡視時において監視していきます。


 5 今回点検を行った水管橋の一例

 トラス補剛形式                       パイプビーム形式(左)、フランジ補剛形式(右)       

   

 

 

 

 

                                

 

      (四倉町長友~戸田地内)                (大久町小山田地内)

お問い合わせ

水道局工務課工務第一係
電話番号:0246-22-9306
ファクス番号:0246-21-4845

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?