メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市長室 > 市長メッセージ >市長メッセージ~令和元年東日本台風から2年を迎えるにあたって~(令和3年10月12日)

トップページ > 防災情報サイト > 気象警報・災害情報など >市長メッセージ~令和元年東日本台風から2年を迎えるにあたって~(令和3年10月12日)

市長メッセージ~令和元年東日本台風から2年を迎えるにあたって~

更新日:2021年10月12日

 一昨年の10月12日から13日にかけて、本市に甚大な被害をもたらした令和元年東日本台風から2年を迎えました。改めて、災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された市民の皆様に対しまして、心からお見舞い申し上げます。

 令和元年東日本台風は、暴風を伴う記録的な大雨となり、河川の決壊などにより尊い命が失われるとともに、市内各所に甚大な被害をもたらしました。

 今年も2月13日深夜に発生した福島県沖を震源とする地震(最大震度6強。本市の最大震度は5強)をはじめ、全国各地で台風や地震、そして土砂災害などの自然災害が多発しております。

 現在、本格的な台風シーズンを迎えておりますが、災害時には、自分の身を自ら守る「自助」、近隣の方々が互いに協力し合う「共助」、そして、行政による「公助」の力を結集することが極めて重要であると考えております。

 市民の皆様におかれましては、今後も起こり得る広域、激甚化する自然災害に備えて、「自らの命は自らが守る」という意識を持ち、平時からハザードマップ等などで自宅等(職場や学校などを含め)の災害リスクの確認と、とるべき行動(避難のタイミングや避難先、非常持ち出し品等)の確認をお願いいたします。

 市といたしましても、市民の皆様への啓発活動をより一層進めるとともに、防災士や自主防災組織など既存の仕組みを強化し、国、県などの関係機関とも緊密な連携を図りながら、これまでの経験を教訓とし、「災害死ゼロ」を実現する防災体制に万全を期してまいります。

  令和3年10月12日

                                       いわき市長 内田 広之

お問い合わせ

危機管理部 災害対策課
電話番号:0246-22-1242
ファクス番号:0246-22-7461

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?