メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >9月24日(金)~9月30日(木)は結核予防週間です

9月24日(金)~9月30日(木)は結核予防週間です

更新日:2021年9月24日

 結核予防週間 9月24日(金)~9月30日(木)

『結核は、過去の病じゃありません。』 

厚生労働省ホームページ

公益財団法人結核予防会ホームページ

結核は、過去の病気だと思っていませんか?

実際は、全国で年間約1万6千人弱、福島県内では122名(令和2年)の方が新たに結核と診断されています。

「結核」は、現在でも日本で最大の感染症です。

この機会に、結核について正しい知識を身につけましょう。

結核とは?

結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす感染症です。

結核を発病し、重症化している人の咳やくしゃみのしぶきには、結核菌が含まれています。

このしぶきの水分が蒸発して、結核菌だけが空気中にただよって飛び、それを周りの人が直接吸い込むことによってうつります。

気になる症状がある場合には、医療機関に受診しましょう。また、周りの人にうつさないために、咳が出るときにはマスクを着用しましょう。

結核は、6~9か月間きちんと薬を飲むことで治ります。

しかし、治療の途中で服薬を中断してしまうと、結核菌が抵抗力をつけて薬が全く効かない耐性菌になることもあります。主治医の指示のもと、治療を受けましょう。

このような症状がある場合には医療機関へ!結核のサインかも?

  • 咳や痰が2週間以上続いている
  • 微熱が続いている
  • 食欲がない
  • 最近、急に体重が減った
  • ここしばらく体がだるい
  • 胸が痛い、重い感じがする   

いつもの「風邪」と決めつけず、早めに医療機関を受診して、いつもと違うところを医師に伝えましょう。

大切な家族や友人等への感染の拡大を防ぐためにも、重症化を防ぐためにも、早めの受診が大切です。

高齢者の結核は発見されにくい!

咳や痰など、目立った症状があらわれにくいのが高齢者結核の特徴です。

微熱、体重減少、元気がない、食欲がないなど分かりにくい症状しか出ない場合が多いです。

そのため、日頃から体調管理に注意しましょう。

また、65歳以上の方は、結核の健康診断を受診する義務があります。

年に1回胸部レントゲン検査を受けましょう。健診等で胸部レントゲン検査の精密検査が必要となった場合は、自覚症状がない場合でも、必ず受診しましょう。 

結核を予防するには?

結核は免疫力の低下などで発症します。
結核予防には、普段から健康的な生活を心がけることが大切です。

1 バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。

  健康的な生活が予防につながります。

2 年に1回は胸部レントゲン検査を受けましょう。

  結核を発病しているかどうかは胸部レントゲン検査でわかることが多いです。

  2020年に入り世界で大流行している新型コロナウイルス感染症は、今のところ確定した治療方法や治療薬はありませんが、結核は、診断、治療、予防法が確立しており『治せる病気』です。

  感染拡大防止、早期発見のためにも健診の機会を逃さず、必ず受診しましょう。

3 生後1歳までにBCG予防接種を受けましょう。

  BCG予防接種は、乳幼児期の重症結核を予防します。

参考(外部ホームページ)

公益財団法人結核予防会結核研究所

厚生労働省

国立感染症研究所

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課 感染症対策係
電話番号:0246-27-8595
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?