メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 消防本部 >在宅酸素療法中に火気は厳禁!

トップページ > 消防本部 > 火災予防ニュース >在宅酸素療法中に火気は厳禁!

在宅酸素療法中に火気は厳禁!

更新日:2021年9月3日

在宅酸素療法時は、たばこ等の火気の取扱いにご注意ください。

酸素濃縮装置等*を使用中の患者が、喫煙等が原因と考えられる火災により死亡するなどの事故が、全国的に発生しています。 *酸素濃縮装置、液化酸素及び酸素ボンベ

酸素は、燃焼を助ける性質が強いガスであり、火を近づけると大変危険です。

酸素濃縮装置等の使用中は、火気の取扱いにご注意ください。

 

消防署からのお願い

酸素吸入中は火気を近づけないでください。          

詳細は厚生労働省のHPをご覧ください。                                            

 www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000003m15_1.html       

                                      

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?