メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市の統計 >令和3年社会生活基本調査について

令和3年社会生活基本調査について

更新日:2021年7月28日

社会生活基本調査とは

社会生活基本調査は、統計法に基づく基幹統計「社会生活基本統計」を作成するための統計調査であり、生活時間の配分や余暇時間における主な活動の状況など、国民の社会生活の実態を明らかにするための基礎資料を得ることを目的としています。

総務省統計局および県で実施する当該調査は、昭和51年以来5年ごとに行われており、令和3年調査はその10回目に当たります。 

 


調査の時期

令和3年10月20日を基準日として調査を実施します。

※ただし、生活時間の配分についての調査は、10月16日から10月24日までの9日のうちから、調査区ごとに指定された連続する2日間について行います。

 


調査の対象

指定する調査区(全国で約7,600調査区)内にある世帯のうちから、無作為に選定した約9万1千世帯の10歳以上の世帯員約19万人を対象とします。

調査をお願いする世帯には、9月上旬から10月中旬にかけて、調査員が調査票の配布等を行いますので調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いします。

(詳細な調査の概要等については下記のリンクをご参照ください。)

・福島県統計課 社会生活基本調査ホームページ(外部リンク)

 

 

 

お問い合わせ

福島県庁 統計課 生活担当
電話番号:024-521-7145
ファクス番号:024-521-7914

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?