メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 市内の発⽣状況 >新型コロナウイルスの変異株について

新型コロナウイルスの変異株について

更新日:2021年10月9日

新型コロナウイルスの変異株について

一般的に、ウイルスは増殖や感染を繰り返す中で変異していくものであり、新型コロナウイルスも2週間に1箇所程度の速度で変異していると考えられています。
国立感染症研究所では、こうした変異をリスク分析しています。
 

新型コロナウイルスの主な懸念される変異株(厚生労働省資料より)

主な変異株 最初の検出国 主な変異 感染性 重篤度 ワクチン効果
B.1.1.7
(アルファ株)
英国 N501Y
B.1.351
(ベータ株)
南アフリカ

N501Y
E484K

低下
P.1
(ガンマ株)
ブラジル

N501Y
E484K

低下
B.1.617.2
(デルタ株)
インド L452R 低下

 

新型コロナウイルス変異株の検査結果について

本市では、新型コロナウイルスの陽性が確認された検体の一部について、変異株(L452R)の検査を実施しています。
検査の結果については、次のとおりです。

検査件数 変異株件数 変異株件数の割合 検査対象期間
126 120 95.23% 7月26日~8月1日
273 245 89.74% 8月2日~8月8日
225 218 96.89% 8月9日~8月15日
166 150 90.36% 8月16日~8月22日
116 103 88.79% 8月23日~8月29日
83 67 80.72% 8月30日~9月5日
49 48 97.96% 9月6日~9月12日
30 29 96.67% 9月13日~9月19日
11 10 90.91% 9月20日~9月26日
6 5 83.33% 9月27日~10月3日

※民間検査機関による実施分を含む
※検査数には判定不能となったものを含む

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルス対策本部事務局(保健所総務課)
電話番号:0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?