メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > いざという時に > 防災 >浸水防止用土のうを作成するための土のう袋及び土砂の配布について

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 河川・水路 >浸水防止用土のうを作成するための土のう袋及び土砂の配布について

トップページ > 防災情報サイト > もしもの時に備えて > 災害への備え >浸水防止用土のうを作成するための土のう袋及び土砂の配布について

浸水防止用土のうを作成するための土のう袋及び土砂の配布について

更新日:2021年7月6日

 概要

 市では本格的な大雨や台風シーズンを迎えるにあたり、家屋への浸水被害の軽減及び日頃からの防災に関する意識向上を目的として、市民の皆様に対し、土のう袋と土砂を配布し、指定の場所において各自土のうを作成の上、お持ち帰りいただく取組みを実施することとしましたのでお知らせします。

対象者・配布数

 本市在住の方。
 1世帯あたり20袋を上限に配布。 

実施場所

 夏井川防災ステーション敷地内(いわき市好間町川中子字落合96-2)

配布および作成 期間

 令和3年7月~11月の、以下の指定日・指定時間帯(荒天中止)

 (1)第2、第4金曜日 午後1時~午後4時
 (2)上記(1)の翌日(土曜日) 午前9時~正午

  令和3年7月 令和3年8月 令和3年9月 令和3年10月 令和3年11月

申込方法

 土のう袋と土砂の配布を希望される方は、配布希望日の前日までに、受付窓口へ電話にてお申込みください。

 受付窓口、受付時間、申込内容は以下の通りです。

 【受付窓口】
  河川課 (電話番号:22-1159)
 【受付時間】
  8:30~17:15  (土日祝日除く)
 【申込内容】
 (1)住所・代表者氏名・連絡先
 (2)配布希望日および希望時間
 (3)配布を希望する土のう袋の数量
 (4)土のう作成等の作業を行う人数

配布方法(作業手順)

(1)自家用車にて夏井川防災ステーションまでお越しください。

(2)以下の入場動線に沿って入場していただき、来場者駐車スペースに自家用車を駐車してください。

(3)待機している職員に、申込時にご連絡いただいた氏名をお伝えください。

(4)職員から土のう袋とスコップをお受け取りいただき、各自で土のうを作成願います。

 【参考】土のう袋の作成手順について

(5)作成された土のうにつきましては、各自で自家用車に積み込みをしていただきます。

(6)作業が終了しましたら、スコップを職員にお返しの上、退場動線に沿ってお帰りください。

留意事項

 土のうの配布をご希望される方は以下のことにご留意願います。

 (1)土のうの作成・運搬・処分については、各自でお願いします。
 (2)作業のしやすい服装でお越しください。
 (3)効率的に土のうを作成するため、2人以上での作業を推奨します。
 (4)土のうを積み込む自家用車の荷室はシート等により保護することを推奨します。

その他

 (1)土のう袋のみの配布について

  土のう袋のみの配布にも対応いたします。(1世帯あたり20袋を上限に配布)
  土のう袋のみの配布は、河川課のほか、各支所の経済土木課においても対応いたします。

  ・河川課(電話番号:22-1159)
  ・小名浜支所経済土木課(電話番号:54-2111)
  ・勿来支所経済土木課(電話番号:63-2111)
  ・常磐支所経済土木課(電話番号:43-2111)
  ・四倉支所経済土木課(電話番号:32-2112)

  ※土のう袋のみの配布につきましては、土のう作成・配布の指定日にかかわらず、各配布部署で平日の
   8:30から17:00まで随時配布に対応いたします。

 (2)土砂のみの配布について

  土のう袋をご持参される場合は、土砂のみの配布も可能です。
  大量の土砂を必要とする場合には、個別に対応いたしますので、ご相談願います。

  ※土砂のみの配布を希望される際にも、配布希望日の前日までに受付窓口へ電話にてお申込みください。

 (3)アンケートへのご協力について

  ご来場の際には、防災に関するアンケートへのご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

土木部 河川課
電話番号:0246-22-1159
ファクス番号:0246-22-7598

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?