メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き >令和3年台風第16号に伴うり災証明書等について

令和3年台風第16号に伴うり災証明書等について

更新日:2021年10月13日

 令和3年10月1日に接近した台風第16号の大雨、暴風等により被災された方を対象としたり災証明書の申請を次のとおり受け付けします。

 り災証明書の申請手続きは、新型コロナウイルス感染予防のため、最小限の人数で来庁いただくとともに、マスク等の着用をお願いします。

 また、被害程度を判定するための現地調査を実施する場合、その立ち合いの際には、マスク等の着用や住家内の換気等の感染予防対策にご協力ください。

 

1 受付期間 

  令和3年10月5日(火)から令和3年11月2日(火)(1か月間)

 

2 り災申請受付の対象となるもの

  り災証明書の申請をすることができる物件は、「現実に居住のために使用している建物(住家)」です

 居住のために使用していない蔵や物置、店舗(居宅兼店舗を除く)などの非住家は、り災証明書の対象となりません。これらの建物は、被災証明願により被災したことを証明します。(現地調査は行いません。)

※ 雨どいや擁壁、カーポートなど住家に付属するものに損傷があっても、り災証明書の対象とはなりません。

※ り災証明書は、被災者支援の適用の判断材料として活用されているものであり、被災者の生活再建のためには、迅速な証明書の発行が必要であることから、住家のみを調査の対象とするものです。

 

3 被害認定調査について

 台風のような風害の場合、被害が以下の一覧に該当し、住家内への浸水の恐れがあると考えられるときには、外観調査だけでなく内部立入調査も行います。

(内部立入調査が必要となる事例)

  一方、一覧に該当せず、住家内への浸水の恐れがないと考えられる場合は、現地調査は行わず、写真などの被害が分かる資料により、「一部損壊(10%未満)」と判定します。

(住家において調査をする場合の調査箇所) 建築士による住家の内部も含めての調査となります。

  屋根、柱(又は耐力壁)、床(階段を含む。)、外壁、内壁、天井、建具、基礎、設備(浴室、台所などの水廻り)

 

4 申請窓口及び連絡先

 本庁(生活再建市民総合窓口り災担当)及び各支所で申請を受け付けます。
また、窓口にお越しいただけない場合は、郵送による申請を受け付けております。
連絡先は次のとおりです。
なお、申請受け付けは平日のみとなります。

窓口

電話

本庁舎1階 生活再建市民総合窓口(り災担当)

22-7551

小名浜支所 市民課 総務係

54-2111

勿来支所 市民課 総務係

63-2111

常磐支所 市民課 総務係

43-2111

内郷支所 総務係

26-2111

四倉支所 市民課 総務係

32-2111

遠野支所 市民福祉係

89-2111

小川支所 市民係

83-1111

好間支所 市民福祉係

36-2221

三和支所 市民福祉係

86-2111

田人支所 市民福祉係

69-2111

川前支所 市民福祉係

84-2111

久之浜・大久支所 市民福祉係

82-2111

受付時間

 8時30分から17時まで

受付時に持参いただくもの

 被害の状況が分かる写真(スマートフォンなどの写真データも可)

⇒ 写真をもとに、被害の状況について聞き取りをします。

送付先(郵送による申請の場合)

 郵便番号:970-8686
 福島県いわき市平字梅本21番地
 いわき市役所 り災証明担当 宛

 なお、郵送による申請の場合は、被害の状況が分かる写真を必ず同封のうえ、送付してください。

 

5 被災証明願について

 4に記載の申請窓口で受け付けます。

 これまでは家の設備や車などを被災証明書の対象としていましたが、今回からは、蔵や物置、店舗(居宅兼店舗を除く)などの非住家も対象とします

 被害の状況が分かる写真(スマートフォンなどの写真データも可) を持参のうえ、申請してください。

 

様式

り災証明書(23KB)(Word文書)
被災証明書(18KB)(Word文書)

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課
電話番号:0246-22-7551
ファクス番号:0246-22-1145

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?