メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 市長メッセージ >市長メッセージ~感染状況について~

市長メッセージ~感染状況について~

更新日:2021年2月12日

 

はじめに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、医療の最前線で対応いただいている医療従事者等の皆様をはじめ、引き続き、新しい生活様式の実践にご協力をいただいている市民の皆様、事業者の皆様に対しまして、心から感謝申し上げます。また、感染された方には心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 

全国的に新規感染者数が減少傾向に転じている中、県内の新規感染者数は減少傾向にあり、また、病床占用率も改善してきていることから、福島県は、今月14日までの期間で実施中の「緊急対策」を、予定通り終了することといたしました。

 本市におきましても、1月中旬以降、新規感染者数の減少傾向が続き、今月に入って、感染確認ゼロが8日間あるなど、昨日までの11日間の新規感染者数は4人となり、入院・療養者数も減少し、市内の感染状況は顕著に改善されてきております。

 こうしたことから、市では、昨年12月28日から約1ケ月半にわたり実施してきた「感染防止集中対策一斉行動」を、来る2月14日で終了することを決定いたしました。これに伴い、公共施設の利用制限等につきましても解除いたします。市民の皆様、事業者の皆様には、これまで感染への「最大限の警戒」と「感染防止対策の再徹底」にご理解、ご協力いただきましたことに対し、心から感謝申し上げます。

  しかし、この一斉行動の終了は、決して、新型コロナウイルス感染の沈静化に伴う「安全宣言」ではなく、今なお緊急事態宣言が継続されている地域もあることから、予断を許さない状況であることに変わりはありません。一方で、新型コロナウイルスとの闘いは長期にわたると考えられますことから、感染拡大を防ぎつつ、社会・経済活動も維持・再生していくことが重要となります。市では、去る2月6日に、事業者の皆様の事業継続を支援させていただく、新たな市独自の緊急経済対策を発表させていただきましたが、今後も必要な対策につきまして、迅速かつ着実に進めて参りますので、市民の皆様及び事業者の皆様には、引き続き、「感染しない」「感染させない」という緊張感を持ちながら、マスク着用や三密を避けるなどの基本的な感染防止対策を徹底いただきますようお願いいたします。特に、これから春を迎え、転勤、卒業・入学等により、人の往来や会食・宴会の機会が増えますが、緊急事態宣言対象地域をはじめ、相対的に感染リスクの高い地域との不要不急の往来や大人数、長時間に及ぶ会食、マスクなしでの会話を控えるなど、感染拡大防止に向けて慎重な行動をとっていただきますよう、重ねてご理解とご協力をお願いいたします。

 また、感染収束の重要な対策となるワクチンについては、4月以降、高齢者から順次接種いただく予定で、準備を進めております。市では、国の方針等を踏まえ、市民の皆様にワクチン接種について正しく理解いただくため、分かりやすい情報発信に努めるとともに、医療機関の皆様のご協力をいただきながら、円滑な接種が可能となるよう準備を進め、1日でも早い収束につなげて参りたいと考えております。

 

令和3年2月12日

いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部長

いわき市長 清水 敏男

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
電話番号:0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?