メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 記者会見 >臨時市長記者会見(令和2年9月6日)での市長コメント等について

トップページ > 市政情報 > 市長室 > 市長記者会見 > 令和2年度 >臨時市長記者会見(令和2年9月6日)での市長コメント等について

臨時市長記者会見(令和2年9月6日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15993-8009-2419 更新日:2020年9月6日

臨時市長記者会見

発表内容

 20200906

日時

 令和2年9月6日(日) 午後7時から

場所

 災害対策本部会議室

案件

  1. 新型コロナウイルス感染症患者の市内発生について(21例目)

記者会見動画

市長コメント

 本日、いわき市において8月7日以来、約1か月ぶりに、21例目となる新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。
 感染された方には心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。
 現在、感染に関する詳細な行動歴について、確認作業を進めているところであり、濃厚接触者の把握を含めた調査等を速やかに行ってまいります。
なお、これまでに判明している状況については、このあと保健福祉部長から説明申し上げます。

 さて、現在、福島県内においては、新型コロナウイルスの感染者が、本日までに21日間連続で確認されており、感染の第2波の中にあると言わざるを得ない、厳しい状況にあると認識しております。
 こうした中、本市における感染をこれ以上拡大させないためには、「自分自身が感染しない」、「感染を拡大させない」という、市民の皆様一人ひとりの取組みが大変重要になります。
 そこで、市民の皆様に、改めて次の2つをお願いいたします。

 1つ目は、感染防止対策の徹底についてであります。
 身体的距離の確保やマスクの着用、手洗い等の「基本的感染対策」に加え、「3密」の回避など「新しい生活様式」を生活や職場の様々な場面に取り入れるなど、いわゆる「感染防止いわきスタイル」を徹底していただき、感染対策に万全を期してくださるようお願いいたします。

 2つ目は、市外への移動についてであります。
 移動先の感染状況を十分に確認し、3密となるような場所には近づかない、感染防止対策が徹底されていない施設等は利用しない、マスク着用等の感染防止対策を徹底する、移動後の2週間の行動歴を記録するなど、慎重な行動をお願いいたします。

 これから秋・冬の季節を迎えるにあたり、感染拡大が危惧されますことから、福島県に対して軽症者等の宿泊療養施設を引き続き確保されるよう要望してまいりましたが、今般延長が決定されたところであります。市としても大変ありがたいと感じており、県ともなお一層の連携強化を図りながら、今後の感染拡大防止に向けて万全を尽くしてまいりたいと考えております。

 市民の皆様、事業者の皆様、そして我々行政が一体となって危機意識を高め、感染防止に取り組むことが、市民の皆様の命と健康を守り、新型コロナウイルスに負けない社会経済活動の進展につながります。皆様方のなお一層のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

事務担当

  • いわき市新型コロナウイルス対策本部事務局(保健所総務課) 電話 0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?