メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >「感染防止いわきスタイル宣言書」にご協力ください

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 感染予防のポイント >「感染防止いわきスタイル宣言書」にご協力ください

「感染防止いわきスタイル宣言書」にご協力ください

更新日:2022年11月18日

感染防止いわきスタイル宣言書とは

 感染拡大防止の一層の推進と、市民の皆さまへの安心の提供のため、業種別ガイドラインを活用し、感染防止対策を実施している事業者の皆様に「感染防止いわきスタイル宣言書」を発行します。
 新型コロナウイルス感染拡大防止と市民の皆さまへの安心のため、ぜひ「感染防止いわきスタイル宣言書」にご協力お願いします。
 

協力施設一案(1MB)(PDF文書)

 

利用手順

  1. 内閣官房ホームページにアクセスし、該当する業種別ガイドラインを確認
  2. 感染拡大防止チェックリスト(対策の具体例)(PDF文書)を確認
  3. 「届出書」と「宣言書」の様式をダウンロードし記入
     
  4. 届出書1枚と宣言書1枚を保健所総務課に提出(メール・FAX・郵送)

    メールアドレス:hokenjo@city.iwaki.lg.jp
    FAX:0246-27-8600 
    郵送:〒973-8408 いわき市内郷高坂町四方木田191 保健所総務課
     
  5. もう1枚の宣言書を店舗や施設の目立つ場所に掲示してください。
    宣言書を複数枚作成し、店内に掲示しても差し支えありません。

  

宣言書見本

 20220527
 

利用に際してご確認いただきたいこと

こちら(PDF文書)の利用規約をご確認の上、次の事項に同意いただきます。

  • 感染対策の具体的な取組みを宣言書に記載し店頭に掲示
  • 感染防止対策店として店舗情報の公開について同意
  • 万一、感染者等が確認された場合には、市保健所の調査に協力
  • 個人情報は目的外に使用しないこと、一定期間経過後に削除すること

 

取組みの具体例

 ソーシャルディスタンスの確保(2m以上(最低1m))

□ 密閉・密集・密接を避けるよう表示・周知
施設への入場前の人とのソーシャルディスタンスを保つよう表示・周知
施設内において、周囲の人とのソーシャルディスタンスを保つよう表示・周知
ソーシャルディスタンスを確保した座席、利用設備・機材の設置(座席を減らす等)
□ 座席やレジ等、対面する場所にパーティションや仕切り等を設置
□ 入店制限や予約来店、混雑時における入場制限(整理券配布等)の実施

 従業員及び来客等の保健衛生対策の徹底

消毒液の設置
□ 料理の個別提供
□ お声掛け控えの実施

□ スタッフを減らして対応
□ ローテーション勤務の実施
□ 時差通勤の実施
□ テレワーク
(在宅勤務)の実施
□ オンライン活用(テレビ会議等)
□ 来客等の入場時における検温などの体調チェック
従業員及び来客等のマスク等着用
従業員及び来客等の手洗い・手指消毒
従業員及び来客等への咳エチケットの周知徹底

□ 従業員のユニフォーム等のこまめな洗濯
従業員の検温、体調管理、体調不良従業員の休養指示の徹底

共用物の衛生管理・換気の徹底

客席、テーブル、利用設備・機材等についての消毒
換気設備による換気、又は窓の開閉によるこまめな換気
 

会計時等の非接触

□ 電子マネー等非接触型決済の導入
□ セルフレジの設置
□ 支払時のコイントレイの使用

感染が発生した際の利用者への情報提供

□ SNS等の技術を活用した、 利用者に対する感染発生状況等の情報提供
 来場者に連絡先の提出協力
 完全予約制、申込制による連絡先の把握
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(保健所総務課)
電話番号:0246-27-8555
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?