メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 消防本部 > 火災予防ニュース >古い扇風機 火災にご注意!

古い扇風機 火災にご注意!

更新日:2020年7月15日

古い扇風機を使う時は注意しましょう!

節電のため、エアコンに代え、しまっておいた古い扇風機を持ち出して使用する場合もあるかと思います。

製品評価技術基盤機構(NITE)によると、2005年から2009年までの5年間に扇風機による事故は157件。そのうち、半数は長期間使用したことによるモーター等の部品の劣化が原因だといいます。

特に製造から30年を超えると、事故が増える傾向にあります。

事故防止のために

  1. スイッチを入れてもファンが回らない
  2. ファンの回転が遅かったり、不規則である。
  3. 回転するときに異常な音や振動がする。
  4. モーター部分が異常に熱かったり、焦げくさいにおいがする。
  5. 電源コードが折れ曲がったり、破損している。
  6. 電源コードに触れると、ファンが回ったり、回らなかったりする。

 1つでも該当する場合、すぐに使用を中止し、電源プラグを抜いて、適切に廃棄してください。

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?