メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル >レジ袋の有料化について

トップページ > くらし・地域 > ごみ・環境 > 環境保護 >レジ袋の有料化について

令和2年7月1日から全国一律でレジ袋が有料となります

更新日:2020年6月24日

レジ袋有料化の背景と目的

 プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高く、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。しかし、その一方で、不適切な処理のため、世界全体では毎年約800万トンものプラスチックごみが海洋へ流出していると推計されており、2050年には海洋における魚の重量をプラスチックごみの重量が上回ってしまうという予測まであります。

  このような状況を踏まえ、国では「プラスチック資源循環戦略」を策定し、リデュース(発生抑制)の一環として、令和2年7月1日より、全国一律でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

  みなさんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバックを持ち歩く等、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

 

レジ袋有料化の対象となる事業者 

 プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者が対象となります。主な業種が小売業でない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は有料化の対象となります。また、プラスチック製買物袋の価格については、各事業者に決めていただくことになっています。

 

有料化の対象となるレジ袋

 有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋です。

 

 

 

 

有料化の対象とならないレジ袋

 紙製、布製の袋、プラスチック製でも持ち手がないものは有料化の対象外となっています。

 

 

 

 

 

 また、下記のような袋も対象外となっています。 

1.プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル(0.05ミリメートル)以上のもの

2.海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの

3.バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

 

レジ袋有料化に関するお問い合わせ先

プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口 (受付時間 月~金 9~18時15分)

消費者向け   電話:0570-080180

事業者向け   電話:0570-000930

 

レジ袋有料化(経済産業省外部リンク)

プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン(400KB)(PDF文書)

対象業種・事業者FAQ(112KB)(PDF文書)

 レジ袋有料化Q&Aガイド(1MB)(PDF文書)

 

 

お問い合わせ

生活環境部 ごみ減量推進課
電話番号:0246-22-7559
ファクス番号:0246-22-7599

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?