メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民年金 >新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な方へ

更新日:2020年9月7日

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能となりました。
 

対象となる方

以下の(1)(2)のいずれにも該当する方が対象になります。

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少
令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われた等により収入が減少したこと。

(2)所得が相当程度まで下がったこと
令和2年2月以降の所得の状況からみて、当年中の所得見込額が、国民年金保険料免除基準相当になることが見込まれること。

※免除等の判定においては、世帯主及び配偶者も審査の対象となります。また、申請者本人のほか、世帯主や配偶者が(1)と(2)に該当するときにも、この簡易な手続きによる申請ができます。

詳しくは日本年金機構ホームページをご覧ください。

 

対象となる期間

・令和元年度分(令和2年2月分から令和2年6月分まで) 
・令和2年度分(令和2年7月分から令和3年6月分まで)

 

届出先

・いわき市国保年金課及び各支所、市民サービスセンター窓口
・平年金事務所(0246-23-5611)

 

お持ちいただくもの

・本人確認ができる書類(運転免許証、パスポートなど)
・印鑑
・年金手帳またはマイナンバーがわかるもの

申請書に収入が減少した後の所得見込額を記載する欄があるため、令和2年2月以降の減少した収入額がわかるものをお持ちください。(申請書に添付する必要はありません。)

また、郵送で申請される場合は、日本年金機構ホームページより申請書等をダウンロードしてください。

注意事項

・免除が認められた場合、将来受け取る老齢基礎年金の額は減額されます。
・日本年金機構の審査により、一部免除や免除非該当となる場合があります。

免除・納付猶予版チラシ(1MB)(PDF文書)
学生納付特例版チラシ(1MB)(PDF文書)

お問い合わせ

市民協働部 国保年金課
電話番号:0246-22-7577
ファクス番号:0246-22-7576

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?