メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市長室 > こんにちは 市長室から(広報いわき連載シリーズより) >53 『いわき新時代』への挑戦(広報いわき 令和2年5月号掲載)

『いわき新時代』への挑戦(広報いわき 令和2年5月号掲載)

更新日:2020年5月1日

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、東京2020オリンピック競技大会が延期となりました。さらなる感染拡大が懸念され、国は「緊急事態宣言」の対象地域を全ての都道府県に拡大するなど、大変厳しい状況となっています。市民の皆さんには、引き続き、緊張感を持った対応をお願いします。
 そのような中、市内における新たな出来事をお知らせしますと、3月には、老朽化が著しかった白土保育所の園舎を新築し、子育て支援の拠点となりました。また、21世紀の森公園内に健康遊具を整備し、誰もが気軽にストレッチや軽運動を行うことができる、人気の施設が誕生しました。先月には、新常磐交通株式会社が国・県・市の補助を受け、水素燃料電池バスを導入し、東北で初めて路線バスとして走り出しました。また、新舞子ハイツにサイクルステーションを新たに整備し、ロビーやエントランス、宿泊室の一部などの改修も行いました。
 今月末には、21世紀の森公園内に本市初となる本格的なスケートボード広場が供用開始となるほか、津波被災地の薄磯地区に「いわき震災伝承みらい館」が開館する予定です。 今後も、新時代に向け挑戦していきます。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?