メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 都市計画・開発・建築 >埋蔵文化財包蔵地の確認について

トップページ > 教育委員会 > 文化・芸術 >埋蔵文化財包蔵地の確認について

埋蔵文化財包蔵地の確認について

更新日:2021年10月6日

埋蔵文化財とは

埋蔵文化財とは、地中や水中に埋まっている文化財(主に遺跡といわれている場所)のことです。

また、埋蔵文化財の存在が知られている土地のことを「周知の埋蔵文化財包蔵地」といいます。

土地の開発を計画している場合

埋蔵文化財包蔵地内で工事や土地の掘削等を行う場合、文化財保護法の適用を受けますので、

予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうかを工事等の計画の早い段階でご確認ください。

手続きについて

1 周知の埋蔵文化財包蔵地に該当するかの確認 

文化スポーツ室文化振興課まで来庁、FAXまたは郵送でお問い合わせください。

(注:できる限りFAXまたは郵送でのお問い合わせをお願いします。)

確認の際には工事予定地の地番と住宅地図等の場所がわかるものをご用意ください。

なお、お問い合わせの土地を正確に把握するために、電話での照会は受付しておりません。

 来庁の方

 市役所本庁舎5階文化振興課へお越しください。

 FAXの方 

 0246-22-7552へ住宅地図と地番を明記したものを送信してください。

 郵送の方

 〒970-8686 いわき市平字梅本21 いわき市文化スポーツ室文化振興課文化財係 宛て

 住宅地図と地番を明記したものをお送りください。

2 埋蔵文化財発掘の届出【民間開発の場合】

周知の埋蔵文化財包蔵地に該当することが確認された土地で工事や掘削等を行う場合、下記の書類を提出してください。

詳しくは文化振興課までお問い合わせください。

⑴ 「埋蔵文化財包蔵地所在確認申請書」の提出

⑵ 「埋蔵文化財発掘の届出について(法第93条第1項)」の提出

3 埋蔵文化財発掘の通知【公共開発の場合】

周知の埋蔵文化財包蔵地に該当することが確認された土地で工事や掘削等を行う場合、下記の書類を提出してください。

詳しくは文化振興課までお問い合わせください。

⑴ 「埋蔵文化財発掘の通知について(法第94条第1項)」の提出

遺跡を発見した場合

現在埋蔵文化財包蔵地となっていない場所でも、地中に遺跡が埋まっていることがあります。

工事中に遺物を発見した場合は、現状を変えることなく速やかに文化振興課までお知らせください。

 

お問い合わせ

文化スポーツ室 文化振興課 文化財係
電話番号:0246-22-7546
ファクス番号:0246-22-7552

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?