メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 産業 > 農林水産業 > 農業 > 各種手続 >認定農業者制度(農業経営改善計画)

認定農業者制度(農業経営改善計画)

更新日:2020年4月15日

認定農業者制度(農業経営改善計画)

認定農業者制度とは

 農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が地域の実績に即して効率的・安定的な農業経営の目標等を内容とする基本構想を策定し、この目標を目指して農業者が作成した農業経営改善計画を市町村が認定する制度です。

 

 認定要件

 いわき市内において農業経営を営み、又は営もうとする者であって、農業経営改善計画(5年後の目標)が次の要件のすべてを満たしているもの。

 (1)改善計画が基本構想に照らして適切なものであること。

 (2)改善計画の達成される見込みが確実であること。

 (3)改善計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること。

 

【いわき市の認定水準】

 (1) 5年後の目標として年間農業所得が個別経営体当たり 540万円以上

    (組織経営体の場合、主たる農業従事者1人当たり 330万円以上

 (2) 年間労働時間が主たる農業従事者一人当たり 1,900時間程度

 

認定農業者への支援措置

 ・国・県・市などの補助事業(補助金)活用。

 ・経営所得安定対策(ゲタ・ナラシ)の活用。

 ・無利子・低金利での制度資金借り受け。

 ・農業者年金における保険料の国庫補助。など

 

 認定までの流れ

 改善計画の認定審査会を年4回~5回開催しています。各会議の申請締切までに改善計画の作成・提出をしてください。

 また、改善計画作成のための面談会や個別相談を開催していますので、お問い合わせの上、ご参加ください。 

令和2年度認定審査会日程(予定) 

 

第1回

第2回

第3回

第4回

審査会

5月

8月

11月

2月

申請締切

4月中

7月中

10月中

1月中

 

お問い合わせ

農林水産部 農業振興課
電話番号:0246-22-7471
ファクス番号:0246-22-7589

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?