メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 市長メッセージ・コメント・記者会見 > 市長メッセージ・コメント >新型コロナウイルス感染防止に関する市長メッセージ(4月1日)

新型コロナウイルス感染防止に関する市長メッセージ

更新日:2020年4月1日

 

新型コロナウイルスに感染し、入院治療を終えられた市民が、本日、無事退院されましたことを、心よりお喜び申し上げます。ご家族やご親族の方もさぞ安心されたことと存じます。当面は、ご自宅でしっかり静養していただき、一日も早く普段の生活を取り戻されることを心より願っております。

 

さて、新型コロナウイルスの感染は、世界で急速に拡大しております。現在、国内においても、病院や福祉施設での集団感染の発生に加え、経路の明らかでない感染が増加するなど、感染拡大のリスクが高まってきており、特に、東京都では感染者が急増し、感染爆発を抑止できるギリギリの局面と発表するなど、緊張が高まってきている状況にあります。
 東京都の感染拡大防止に協力するため、先週末に都の隣接4県は、都と共同で不要不急の外出自粛要請を行いました。福島県においても、当面、東京方面への不要不急の往来は極力控えるよう、知事が県民に要請したところであります。市民の皆様におかれましても、感染拡大の防止を図るため、当面、東京方面への不要不急の往来を極力控えるようお願い申し上げます。

 

感染拡大防止のためには、市民の皆様一人ひとりが、我が事として捉え、日常生活の中で、「うつさない・うつらない」ための行動を実践することが、何よりも大切と考えております。
 また、この感染症は、若者には無症状又は症状の軽い事例が多く、本人は気づかずに感染を広めてしまうこと、一方で、若者でも重症化している事例が少なからずあることも報告されております。
 このことから、私たち一人ひとりが感染防止のための行動をとることは、自分だけでなく、高齢者や持病のある方など、重症化のリスクの高い人々の命と健康を守ることにもつながります。

 

今、私たちにできることは、この感染症を正しく理解し、収束が図られるまでの間、油断することなく、感染リスクの低い行動を見極めながら、ご自身の状況に応じた基本的な感染防止対策を徹底していくことであると考えております。
 具体的には、「咳エチケット」やこまめな「手洗い」などの基本的な対策を徹底していただくことに加え、換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話や発声が行われることをいう、いわゆる「密閉」、「密集」、「密接」という「3つの密」をできる限り避けていただくようお願い申し上げます。
 また、自分だけは大丈夫という根拠のない過信や、うわさなどの間違った情報にも注意しなければなりません。特に、風評や偏見、差別で人を傷つけたり、事業に損害を及ぼしたりするようなことは、あってはならないことです。

 

市といたしましては、今後とも、市民生活や地域経済への影響の最小化を図りつつ、市民の皆様の命と健康を守ることを第一に、国や県をはじめ、医療関係者、事業者、市民の皆様と共に一丸となって、この難局を乗り越えるために、必要な対策を的確に進めて参りますので、引き続き、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

令和2年4月1日

いわき市長 清水 敏男

  

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
電話番号:0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?