メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市長室 > こんにちは 市長室から(広報いわき連載シリーズより) >51 いわきと野球(広報いわき 令和2年3月号掲載)

いわきと野球(広報いわき 令和2年3月号掲載)

更新日:2020年3月1日

 いわきは野球が盛んでその歴史は古く、昭和22年に常磐炭礦硬式野球部が発足したことに始まり、昭和27年に同部が都市対抗野球全国大会に初出場した後「オール常磐」を含め7回も全国大会に出場し、地域の野球文化をけん引してきたことが昭和38年の磐城高校野球部の夏の甲子園大会初出場につながりました。炭礦が閉山した昭和46年には同部が夏の甲子園大会準優勝の偉業を成し遂げ、市民に元気を与えてくれました。
 平成7年のふくしま国体では本市が高校野球の会場となり、いわきグリーンスタジアムが整備され、その後プロ野球の試合も開催されるようになりました。東日本大震災後は「野球の力で復興を」が合言葉となり、平成25年にはいわき海星高校が春の選抜高校野球大会(センバツ)に出場したほか、プロ野球オールスターゲームが本市で開催され、平成28年には本市初の国際大会であるU-15野球ワールドカップが開催されました。
 今月には、磐城高校が21世紀枠でセンバツに出場します。本市は台風第19号などで甚大な被害を受けましたが、甲子園では磐高らしいハツラツとしたプレーで、市民の皆さんを元気付けてくれることを期待します。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?