メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 >新型コロナウイルス感染症対応の 「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >新型コロナウイルス感染症対応の 「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 >新型コロナウイルス感染症対応の 「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。

新型コロナウイルス感染症対応の
「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。

問い合わせ番号:15810-7252-5632 更新日:2020年2月28日

 

新型コロナウイルス感染症のまん延をできる限り防止する観点から「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。
 

「帰国者・接触者相談センター」とは

 新型コロナウイルス感染症と強く疑われる次の方からの相談に対応します。

次にあてはまる方は、医療機関に受診する前に「帰国者・接触者相談センター」にご連絡ください。

 1.発熱または咳やたんがあり、発症前14日以内に新型コロナウイルス感染者と濃厚接触(注1)をした方

 2.発熱(37.5℃以上)、咳やたんがあり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から流行が確認されている地域(注2)」への渡航歴がある方

 

 3.発熱(37.5℃以上)、咳やたんがあり、発症前14以内に「WHOの公表内容から流行が確認されている地域(注2)への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状がある方」との接触歴がある方

 

 注1:濃厚接触とは
・新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)。                                                                 ・適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた。                                                          ・新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い。


 
注2:WHOの公表内容から流行が確認されている地域」とは、(R2年3月26日現在)
  中華人民共和国、
  大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡、
  サンマリノ共和国、  アイスランド共和国、  アイルランド共和国、
  アンドラ公国、    イタリア共和国、    エストニア共和国、
  オーベニア共和国、  デンマーク王国、    ドイツ連邦共和国、
  ノルウェー王国、   バチカン、       フランス共和国、
  ベルギー王国、    ポルトガル共和国、   マルタ共和国、
  モナコ公国、     リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルク大公国、
  イラン・イスラム共和国

 

帰国者・接触者相談センター 電話番号 0246-27-8596
              FAX番号   0246-27-8600

 相談者が「感染が疑われる患者の要件」に該当すると判断した場合には、「帰国者・接触者外来」に受診できるよう調整します。 

風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く、
強いだるさや息苦しさがある方も、ご相談ください
(高齢者や基礎疾患等がある方は2日程度、上記の症状が続く方)

  ・定期通院あり : 定期通院している医療機関にまずは電話で相談

  ・定期通院なし : 帰国者・接触者相談センターへに相談

             電話番号 0246-27-8596、FAX番号 0246-27-8600

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談は次をご利用ください。

厚生労働省 電話相談窓口    0120-565-653 平日土日祝日9:00~21:00

福島県 相談専用ダイヤル     024-521-7871    平日8:30~21:00

いわき市保健所総務課感染症対策係 電話 0246-27-8595、FAX 0246-27-8600     平日8:30~17:15

一般相談専用ダイヤル       電話 0246-27-8606、FAX 0246-27-8600     平日8:30~17:15

 

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課
電話番号:0246-27-8555
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?