メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 子育て >令和元年台風19号等の被災に伴う保育料の減免について

トップページ > 福祉・こども > 子育て > 保育所・保育園 >令和元年台風19号等の被災に伴う保育料の減免について

トップページ > 防災情報サイト > 台風19号・10月25日大雨関連情報 > 健康・福祉・子育て >令和元年台風19号等の被災に伴う保育料の減免について

令和元年台風19号等の被災に伴う保育料の減免について

問い合わせ番号:15755-9841-2933 更新日:2019年12月6日

 令和元年台風19号及び10月25日の大雨により、特に甚大な被害を受けた方等について、令和元年10月から令和2年3月分までの保育料を減免します。

➢ 対象者及び減免内容

(1) 台風19号の影響で、保育所、認定こども園及び地域型保育事業が休所し、利用できなかった期間にかかる保育料を減免します。 

(2) 台風19号等により住宅に損害を受け、り災証明書の交付を受けた方で、損害状況が「全壊、大規模半壊、半壊」のいずれかに該当する世帯について減免します。

損害の程度

減免の割合

全壊

全部

大規模半壊、半壊

2分の1

減免期間:令和元年10月~令和2年3月分

(3) 令和元年台風19号等の影響で失業などにより、収入が激減した期間について、現在の収入に応じた保育料の階層に変更します。(収入の状況によっては、保育料が変わらない場合もあります。)

※激減とは、収入が前年と比較して3割以上減少している場合。

 ➢ 申請方法

(1) については、申請不要です。

(2) については、次の書類を地区保健福祉センターまたは保育所等に提出してください。(受付期間:令和2年3月31日まで)

・利用者負担額特例適用申請書(地区保健福祉センター及び保育所等に備え付けてあります。)

・り災証明書(コピー可)

 (3) については、収入が激減した時から直近までの各月の収入がわかる書類や源泉徴収票など準備のうえ、事前に電話で地区保健福祉センターにご相談ください。(受付期間:随時)

* 台風19号及び10月25日大雨により住宅や家財などに損害を受け、平成31年分市県民税が軽減または免除となった場合は、速やかに地区保健福祉センターにお申し出ください。なお、市県民税の軽減または免除については、市民税課(22-7426)へお問い合わせください。

《お問い合わせ先》

各保健福祉センター等名

係名・電話番号

担当する保育所(園)

平地区保健福祉センター

福祉介護係

22-7457

平地区の保育所(園)、小島保育園・若葉台保育園

小名浜地区保健福祉センター

福祉介護係

54-2111(内線5174・5175)

小名浜地区の保育所(園)

勿来・田人地区保健福祉センター

福祉介護係

63-2111(内線5376)

勿来地区・田人地区の保育所(園)

常磐・遠野地区保健福祉センター

福祉介護係

43-2111(内線5574・5575)

常磐・遠野地区の保育所(園)(若葉台保育園を除く)

内郷・好間・三和地区保健福祉センター

福祉介護係

27-8691

内郷・好間・三和の保育所(園)(小島保育園を除く)

四倉・久之浜地区保健福祉センター

福祉係

32-2114

四倉・久之浜大久地区の保育所(園)

小川・川前地区保健福祉センター

福祉係

84-9428

小川・川前地区の保育所(園)

こども支援課

保育・教育係

22-7458

 


※ 令和元年10月から、幼児教育・保育の無償化により3~5歳児及び非課税世帯の3歳未満児に係る保育料は、無償化されておりますので、今回の減免対象となる保育料は、課税世帯の3未満児に係る保育料になります。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

こどもみらい部 こども支援課
電話番号:0246-22-7454
ファクス番号:0246-22-7554

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?