メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 福祉に関するその他の情報 >令和元年台風19号災害による被災世帯への支援制度のご案内

トップページ > 防災情報サイト > 台風19号・10月25日大雨関連情報 > 被災者支援・相談窓口等 >令和元年台風19号災害による被災世帯への支援制度のご案内

令和元年台風19号災害による被災世帯への支援制度のご案内

問い合わせ番号:15731-7220-0184 更新日:2019年11月13日

 令和元年台風19号による災害で被災された方への各種支援制度について御案内します。

 

1 被災者生活再建支援金

  り災状況や生活再建の方法に応じて、国から支援金が支給されます。

区分

基礎支援金

加算支援金

金額計

り災状況

金額

再建方法

金額

複数世帯

全壊

100万円

建設・購入

200万円

300万円

半壊以上でやむを得ず解体

補修

100万円

200万円

賃借

50万円

150万円

大規模半壊

50万円

建設・購入

200万円

250万円

補修

100万円

150万円

賃借

50万円

100万円

単数世帯

全壊

75万円

建設・購入

150万円

225万円

半壊以上でやむを得ず解体

補修

75万円

150万円

賃借

37.5万円

112.5万円

大規模半壊

37.5万円

建設・購入

150万円

187.5万円

補修

75万円

112.5万円

賃借

37.5万円

75万円

必要書類等

⑴ 基礎支援金

  • 印鑑
  • り災証明書(原本)※世帯主のもの
  • 通帳写し(フリガナ、口座番号が確認できる箇所)※世帯主のもの
  • 世帯全員の住民票(いわき市民の方は市でまとめて発行するため、事前に取得する必要はありません。)
  • (半壊以上でやむを得ず解体の場合のみ)やむを得ず解体したことを証明する書類

⑵ 加算支援金

  • 建設・購入、補修、賃借の契約書写し

2 被災救助費救助金

  災害により被災した市民に救助金を支給します。

区分

1世帯につき

被災者1人につき

全焼、全壊、流出、水埋没

100,000

20,000

半焼、半壊

50,000

10,000

床上浸水

30,000

必要書類等

  • 印鑑
  • り災証明書(原本) ※世帯主のもの
  • 通帳写し(フリガナ、口座番号が確認できる箇所)※世帯主のもの

3 台風19号災害義援金

  支給対象者、支給金額については未定となっております。
  
詳細については、今後の義援金の受け入れ状況、国県等の義援金配分額、支給対象者等を 勘案して、方針が決まり次第、お知らせする予定です。


 

4 災害援護資金貸付金

  災害により被災した方に、生活再建のための資金を貸し付けます。(※返済が必要です。)

対 象 と な る 要 件

貸付限度額

世帯主に負傷がない場合(療養期間が1ヶ月未満の負傷を含む)

家財の損害1/3以上

150万円

住居の半壊・大規模半壊

170万円
(250万円)

住居の全壊

250万円
(350万円)

住居全体が滅失又は流失

350万円

世帯主に療養期間が1ヶ月以上の負傷がある場合

家財、住居の損害なし

150万円

家財の損害1/3以上

250万円

住居の半壊・大規模半壊

270万円
(350万円)

住居の全壊

350万円

※ 被災した住居を建て直す際に、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない等の事情がある場合は( )内の金額となります。借家の方は対象外。
(取壊したことがわかる証明書が必要です)
※ 家財の損害とは、家財についての被害金額が、家財の価格のおおむね3分の1以上の損害があった場合となります。
※所得制限があります。

必要書類等

  • 印鑑
  • り災証明書(原本) ※世帯主のもの
  • 通帳写し(フリガナ、口座番号が確認できる箇所)※世帯主のもの
  • 世帯全員の平成31年度の所得額課税額証明書(原本)

 

お問い合わせ

保健福祉課 災害支援金等担当窓口
電話番号:0246-22-7612

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?