メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 高齢者福祉・介護 >令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨により被災した介護保険被保険者に係る介護サービス等利用料負担の取扱いについて

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) >令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨により被災した介護保険被保険者に係る介護サービス等利用料負担の取扱いについて

トップページ > 防災情報サイト > 台風19号・10月25日大雨関連情報 > 医療・福祉等 >令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨により被災した介護保険被保険者に係る介護サービス等利用料負担の取扱いについて

令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨により被災した介護保険被保険者に係る介護サービス等利用料負担の取扱いについて

問い合わせ番号:15716-4762-8158 更新日:2020年3月27日

重要

 令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨に係る介護サービス等利用料の減免については、対象要件に該当する場合、介護サービス事業所等へ口頭にて被災した旨を申し立てることにより、「令和2年3月31日」までとしておりましたが、「令和2年9月30日」まで延長することとしましたので、お知らせいたします。 

 また、令和2年4月1日以降については、介護サービス事業所等に「介護保険利用料免除証明書」を提示することが必要となりますので、介護サービスを受ける際には、被保険者証と併せて「介護保険利用料免除証明書」を事業者または施設の窓口に提示してください。

 趣旨

 災害救助法の適用により、令和元年東日本台風及び令和元年10月25日の大雨による災害で被災したいわき市の介護保険の被保険者(要介護認定者又は事業対象者)について、次の対象要件のいずれかに該当する場合は、利用料のお支払いが不要となります。

 ただし、後日、対象要件に該当しないことが判明した場合は、利用料を徴収する場合があります。 

対象者 

(1) 災害で被保険者の住家が全壊、半壊、床上浸水又はこれに準ずる被災(※)をした場合

(2) 災害で主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った場合

(3) 災害で主たる生計維持者の行方が不明である場合

(4) 災害で主たる生計維持者が業務を廃止又は休止した場合

(5) 災害で主たる生計維持者が失職し現在収入がない場合

 ※ 「準ずる被災」とは、り災証明書上の一部損壊(準半壊)及び住家以外の住民票上の住所地が被災した場合を含みます。

 対象となる介護サービス利用料

(1) 介護(予防)サービスに係る利用料

(2) 介護予防・生活支援サービス事業に係る利用料

 ※ なお、介護保険施設等における食費・居住費については、対象となりません。

減免期間

  • 令和元年10月1日から令和2年9月30日まで ※期間が延長されました。

利用料免除証明書の交付について

〇介護保険料の減免を受けている方のうち利用料の減免を受けている方

 免除対象となる方へ令和2年3月下旬に免除証明書を郵送しております。

 〇介護保険料の減免を受けていない方

 免除申請する必要がありますので、り災証明書を添付のうえ介護保険課へ提出してください。

その他

 対象要件に該当し、既に利用料をお支払いしている場合、当該利用料が還付されることもありますので、領収書は保管しておいてください。

お問い合わせ

保健福祉部 介護保険課 介護保険係
電話番号:0246-22-1193
ファクス番号:0246-22-7547

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?